デュタステリドの効果・副作用は?フィナステリドとの違いや効かない理由も解説

3,546views
デュタステリドの効果・副作用は?フィナステリドとの違いや効かない理由も解説

PR

デュタステリドはAGA治療に用いられる有効成分の一種で、先発薬「ザガーロ」や後発のジェネリック医薬品「デュタステリド」などに主成分として配合されています。

そんなデュタステリド(ザガーロ)について、期待できる効果や起こり得る副作用、初期脱毛などの症状を解説!AGA治療を行う上で、フィナステリドとの違いや切り替え、ミノキシジルとの併用についても説明します。

また、デュタステリドが効かないと感じてしまう理由やAGA治療の効果がいつから実感できるのか、通販サイトから個人輸入で薬を購入するリスクなど、AGA治療を始める前に知っておきたい疑問や注意するべき点についてもまとめました。

デュタステリドを購入できるおすすめのAGAクリニックもご紹介するので、デュタステリドやザガーロを用いたAGA治療を検討している方は参考にしてみてください。

※CLINIC FORの情報提供元:CLINIC FOR

※当サイトでは、2024年2月現在の情報を掲載しています。ページ内の料金は全て税込み。

【人気カテゴリー】

デュタステリドとは|ザガーロジェネリックやアボルブの違いについて

デュタステリドは、グラクソ・スミスクライン株式会社がAGA(男性型脱毛症)の治療薬として開発した「ザガーロ」に配合されている有効成分です。ザガーロはプロペシアに次いで第2のAGA治療薬と呼ばれています。

デュタステリドが主成分である治療薬にはザガーロ」「デュタステリドZA」「アボルブ」「デュタステリドAV」などの種類が存在します。それぞれの薬の特徴を以下の表にまとめました。

ザガーロ デュタステリドZA(ザガーロジェネリック) アボルブ デュタステリドAV(アボルブジェネリック)
先発/後発 先発医薬品 後発医薬品 先発医薬品 後発医薬品
有効成分 デュタステリド
治療の目的 AGA(男性型脱毛症) AGA(男性型脱毛症) 前立腺肥大症 前立腺肥大症

デュタステリドという有効成分は、元来は前立腺肥大症の治療のための「アボルブ」という治療薬の主成分として用いられていましたが、還元酵素の5αリダクターゼの作用を阻害する働きがあることが分かり、デュタステリド配合のAGA治療薬「ザガーロ」としても開発・承認されました。

後発のジェネリック医薬品も開発・販売され、AGA治療には「デュタステリドZA(ザガーロジェネリック)」、前立腺肥大症の治療には「デュタステリドAV(アボルブジェネリック)」も用いられています。

チェックポイント!

上記のどの治療薬も主成分がデュタステリドであるという点は共通していますが、アボルブやアボルブジェネリックはAGA治療薬として厚生労働省で認可されていないため、AGA治療に使用することはできません。

AGA・薄毛の改善を目的としてアボルブなどを服用し、重篤な副作用などが生じてしまった際には公的な救済措置などは適用されないので、AGA治療を目的とする場合には「ザガーロ」または「デュタステリドZA(ザガーロジェネリック)」を服用するようにしましょう。

AGA治療薬:デュタステリド(ザガーロ)の生え際の薄毛改善や発毛の効果

デュタステリドによって期待できる治療効果や作用機序について解説していきます。

まず、AGA(男性型脱毛症)は還元酵素の「5αリダクターゼ」によってアンドロゲン(男性ホルモン)のテストステロンが「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変換されることで起こる症状です。

5αリダクターゼには、側頭部や後頭部の皮脂腺に多く分布する「Ⅰ型5αリダクターゼ」と、前頭部や頭頂部の毛乳頭細胞に多く分布する「Ⅱ型5αリダクターゼ」があり、デュタステリドはⅠ型・Ⅱ型のどちらにも作用して還元酵素の働きを阻害します。

この作用によって脱毛の原因物質であるDHTの生成が抑えられ、AGAによる抜け毛の抑制や薄毛の予防の効果が期待できます。

デュタステリドは生え際の薄毛に効果がある?

デュタステリドには、生え際(前頭部)や頭頂部に多く分布している「Ⅱ型5αリダクターゼ」の働きを阻害する作用があるため、生え際の薄毛の進行を抑制する効果が期待できます。
生え際の後退やM字の薄毛はAGAが原因の場合が多いので、AGA発症の要因である5α還元酵素に働きかけるデュタステリドを用いた治療は効果的だと言えるでしょう。

デュタステリドに発毛効果はある?

デュタステリドは主に抜け毛の抑制や薄毛の予防を目的としていますが、20~50歳のAGA患者の方を対象とした国際臨床試験では、デュタステリドを24週にわたって経口投与した結果、毛髪数が増加したほか、毛髪の太さと硬さも改善されたという評価が確認されていますが、あくまでデュタステリドの効能・効果はAGAの進行抑制です。
発毛を目的としたAGA治療を行いたい場合には、発毛促進の効果が期待できる「ミノキシジル」配合の治療薬とデュタステリドを併用するのがおすすめです。

デュタステリドとミノキシジルの併用や、デュタステリドとミノキシジルを組み合わせたおすすめAGA治療プランについては以下の項目でご紹介しているので参考にしてみてください。

>>デュタステリド(ザガーロ)とミノキシジルの併用についてはこちらをチェック!

AGA治療薬:デュタステリド(ザガーロ)の副作用や初期脱毛

デュタステリド(ザガーロ)を服用することで、脱毛を抑制する効果や薄毛を予防する効果が期待できる反面、成分による副作用の症状が見られる場合もあります。

デュタステリドによって起こり得る副作用は以下の通りです。

デュタステリド(ザガーロ)によって起こり得る副作用
  • 過敏症
  • 発疹、蕁麻疹、アレルギー反応、そう痒症、限局性浮腫、血管浮腫

  • 精神神経系
  • 頭痛、抑うつ気分、浮動性めまい、味覚異常

  • 生殖系及び乳房障害
  • 性機能不全(リビドー減退・勃起不全・射精障害)、乳房障害(女性化乳房・乳頭痛・乳房痛・乳房不快感)、精巣痛、精巣腫脹

  • 皮膚
  • 脱毛症(主に体毛脱落)、多毛症

  • 消化器
  • 腹部不快感、腹痛、下痢

  • その他
  • 倦怠感、血中クレアチンホスホキナーゼ増加

  • 重大な副作用
  • 肝機能障害、黄疸
※デュタステリドカプセル0.5mgZA「サワイ」の添付文書を参考にしています。

デュタステリド(ザガーロ)は間接的に男性ホルモンに作用するため、特に発生頻度が高いのはリビドー減退や勃起不全などの性機能不全で、発現率はそれぞれ約4%程度とされています。

ただし、その他の副作用の発現率は1%未満または頻度不明とされており、デュタステリドを服用したからといって必ずしも症状が見られる訳ではないので、あくまで副作用のリスクがあるということを押さえておく程度で良いでしょう。

編集部から一言!

デュタステリドの成分自体による副作用のほか、AGA治療を始めた初期段階に「初期脱毛」という症状が起こる場合があります。

初期脱毛とは、乱れたヘアサイクルが正常に切り替わる際にそれまで生えていた毛髪が抜け落ちることで見られる副作用です。デュタステリドによってAGAの原因物質であるDHTの産出が減少し、乱れたヘアサイクルが整えられることにより起こる症状なので、有効成分が作用している証拠とも考えられるでしょう。

初期脱毛はあくまで一時的な症状であり、治療開始から10日〜1ヶ月程度で見られ、3ヶ月以内には治まると考えられているため、そこまで心配せずにAGA治療を継続すると良いでしょう。目安の期間を過ぎても脱毛が続く場合など、不安を感じた時には専門医やかかりつけ医に相談するようにしてください。

デュタステリドとフィナステリドの違い|併用や切り替えについて解説

デュタステリドと同様に、AGA治療に用いられる「フィナステリド」という有効成分があります。

フィナステリドは世界初のAGA治療薬として開発された「プロペシア」の主成分で、後発のジェネリック医薬品「フィナステリド(プロペシアジェネリック)」としても幅広くAGA治療に使用されています。

デュタステリドとフィナステリドは似た作用機序を持っており、どちらも5αリダクターゼの働きを阻害してDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を防ぐことでAGAの進行を抑制・予防します。

デュタステリドとフィナステリドの違いは?

デュタステリドとフィナステリドは「作用する5αリダクターゼの種類」に違いがあります。

  • デュタステリド
  • Ⅰ型5αリダクターゼ(側頭部・後頭部)とⅡ型5αリダクターゼ(前頭部・頭頂部)の両方に作用
  • フィナステリド
  • Ⅱ型5αリダクターゼ(前頭部・頭頂部)に作用

AGAの主な原因は「Ⅱ型5αリダクターゼ」だと言われていますが、あくまでⅠ型5αリダクターゼもAGAと無関係だとは言い切れないため、このような違いがあることは押さえておくと良いでしょう。

このように、デュタステリドとフィナステリドはどちらも抜け毛の抑制や薄毛の予防を目的としてAGA治療に用いられることから、フィナステリド(プロペシア)からデュタステリド(ザガーロ)に切り替えることも可能です。

デュタステリドとフィナステリドの併用について

デュタステリドとフィナステリドの治療のメカニズムは類似しているため、併せて服用することでより高い治療効果を得られるのではないかと考える方もいるかと思いますが、同様に5αリダクターゼを阻害する作用を持つデュタステリドとフィナステリドの併用は禁忌とされています。

また、デュタステリド・フィナステリドを併用することで副作用を発症するリスクが高まってしまうため、医師と相談した上でデュタステリドかフィナステリドどちらかを選択するようにしてください。

デュタステリド・フィナステリドの切り替えが可能なクリニック

デュタステリド(ザガーロ)とフィナステリド(プロペシア)をどちらも取り扱っており、AGAの症状や治療の経過などに合わせてデュタステリド・フィナステリドの切り替えが可能なおすすめAGAクリニックと治療費用を以下にまとめました。

AGAクリニック デュタステリド・フィナステリドの主な治療費用

クリニックフォア
■デュタステリド(ザガーロジェネリック)
定期:6,919円/月
通常:8,140円/月

■予防プラン(フィナステリド)
定期初回:0円
2回目以降:3,412円~/月

AGAスキンクリニック
■デュタステリド
5,800円

■フィナステリド
初回:3,700円/月
2回目以降:5,800円~/月

イースト駅前クリニック
■デュタステリド(ザガーロジェネリック)
6,930円~/月

■フィナステリド(プロペシアジェネリック)
初回:1,650円~/月
通常:3,740円~/月

デュタステリド(ザガーロ)とミノキシジルの併用を解説

デュタステリドは脱毛の抑制や薄毛の予防など守りのAGA治療に用いられ、新たに毛髪を生やすための攻めのAGA治療に使用されるのが「ミノキシジル」という有効成分です。

ミノキシジルは、主にAGA治療の外用薬に配合されているメジャーな成分で、内服薬の「ミノタブ(ミノキシジルタブレット)」の主成分でもあります。

日本皮膚科学会が定めている「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン」において、ミノキシジル治療薬を用いたAGA治療の推奨度は

・ミノキシジルの外用:推奨度A(行うように強く勧める)
・ミノキシジルの内服:推奨度D(行うべきではない)

と定められています。

ミノキシジル内服薬(ミノタブ)は国内未承認薬であり、多毛症のほか動悸や息切れなどの副作用が見られる危険性があるため、推奨度は低く設定されています。ミノタブを用いる際には、しっかりと医師の説明を受けた上で治療を開始するようにしてください。

ミノキシジル外用薬に関しては最も推奨度の高い治療法として勧められており、起こり得る副作用も塗布部分の頭皮トラブルなどの軽度な症状がほとんどです。

ミノキシジルは元々は高血圧の患者の方の治療薬として用いられていたため血管拡張作用があり、血液の流れがスムーズになり、毛髪の成長に必要な栄養素が十分に運搬されることによって育毛効果をもたらされます。

更に、毛髪の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけて発毛因子の産出を促したり、毛母細胞を分裂・増殖させる働きによって発毛を促進させる効果も期待できます。

デュタステリドとミノキシジルの併用について

デュタステリド(ザガーロ)とミノキシジルは異なる治療効果が期待されるAGA治療薬であり、作用機序にも違いがあるので、デュタステリドとミノキシジルを併用するAGA治療が可能です。

デュタステリドによる抜け毛を防ぐための治療とミノキシジルによる毛を生やすための治療を組み合わせることで、異なる角度からAGAの改善にアプローチできるので、薄毛を予防しつつ発毛させたいという方にはデュタステリドとミノキシジルの併用がおすすめです。

デュタステリドとミノキシジルの併用プランがあるクリニック

デュタステリド(ザガーロ)とミノキシジル外用薬・内服薬を併用したい方に向けて、デュタステリドとミノキシジルを組み合わせたAGA治療が行えるおすすめAGAクリニックと治療費用を以下にまとめました。

クリニック デュタステリド・ミノキシジルの主な治療費用

クリニックフォア
■デュタステリド国内後発品
定期:6,919円/月
通常:8,140円/月

■ミノキシジル内服薬(海外製)
定期:6,919円/月
通常:8,140円

■ミノキシジル外用薬12%
定期:10,285円/月
通常:12,100円/月

e-life(イーライフ)
■発毛総合プラン(デュタステリド+ミノキシジル)
月々定額コース:7,900円
6ヶ月パック:42,660円

■薄毛予防プラン(デュタステリド)
月々定額コース:4,500円
6ヶ月パック:24,300円

■発毛実感プラン(ミノキシジル内服薬)
月々定額コース:4,500円
6ヶ月パック:24,300円

AGAヘアクリニック
■内服のみで高い効果の発毛治療を行う(デュタステリド+ミノキシジル内服薬)
16,200円/月

■DUTA(デュタステリド)
オンライン診療価格:7,200円/月
対面診療価格:8,000円/月

■MINOCK LIQUID(ミノキシジル外用薬)
オンライン診療価格:12,000円/月
対面診療価格:13,000円/月

デュタステリドを購入できるおすすめAGAクリニック5選!

それでは、デュタステリド(ザガーロ)を用いたAGA治療を検討している方に向けて、デュタステリド治療薬を購入できるおすすめAGAクリニック5院をご紹介します。

クリニック
クリニックフォア

イースト駅前クリニック

AGAスキンクリニック

e-Life(イーライフ)

AGAヘアクリニック
AGA治療法 投薬治療 投薬治療 投薬治療
注入治療
自毛植毛
投薬治療 投薬治療
デュタステリドの価格 定期:6,919円
通常:8,140円
6,930円~ 8,800円~ 定額:4,500円 7,200円~
デュタステリドとミノキシジルの併用価格 定期:13,838円~※1 15,600円~※2 7,900円 16,200円~
ザガーロの価格 定期:10,846円
通常:12,760円
10,450円~ 初回:5,300円
通常:10,450円
オンライン診療
初診からOK

初診からOK

初診からOK

初診からOK
公式サイト
※1 ミノキシジル内服薬との併用の場合
※2 ミノキシジル外用薬との併用の場合

クリニックフォア(CLINIC FOR)

「提供:クリニックフォア」

クリニックフォアのデュタステリド(ザガーロ)処方のおすすめAGA治療プラン
デュタステリド国内後発品 定期配送:6,919円/月
通常:8,140円/月
デュタステリド国内先発品(ザガーロ) 定期配送:10,846円/月
通常:12,760円/月

クリニックフォア(CLINIC FOR)は東京都内を中心に11院開院しており、対面診療だけでなくオンライン診療にも力を入れているクリニックです。デュタステリドやザガーロなどの様々な治療薬から選択・併用してAGA治療を行えます。

クリニックフォアでは1ヶ月分・3ヶ月分・半年分から選んでAGA治療薬を処方してもらえるほか、一定期間ごとに薬を配送してもらえる「定期配送プラン」も設けられています。定期配送であれば頼み忘れの心配がないだけでなく、通常の15%オフの割安な料金でAGA治療を継続することが可能です。

初診からオンライン診療に対応しているので、スマートフォンやパソコンさえあれば自宅でAGA治療を完結できます。忙しくてなかなかクリニックに足を運ぶための時間が確保できない方や通院に抵抗がある方はクリニックフォアを検討してみてください。

クリニックフォアのおすすめポイント

クリニックフォアでAGA治療を行う際には全額返金保証が用意されており、AGA治療薬を服用してみて身体に合わなかった場合には治療費用を返金してもらうことが可能です。

デュタステリドやザガーロを用いたAGA治療が初めての方でも、抵抗を感じ過ぎずに治療をスタートしやすいでしょう。

また、クリニックフォアでは初月0円でAGA治療を始められるプランも設けられているので、初期費用を抑えたいという方は併せてチェックしてみてください。

>>クリニックフォアの詳細をチェック!

クリニックフォアのクリニック情報
AGA治療内容 内服薬・外用薬
その他の治療プラン料金 ■予防プラン(フィナステリド)
定期配送
初月:0円※1
2ヶ月目以降:3,412円/月
通常:4,015円/月

■ミノキシジル外用薬12%
定期配送:10,285円/月
通常:12,100円/月
診察料などの諸費用 予約料・診察料:無料(薬の処方が無い場合は診察料1,650円が発生します)
治療薬の送料:550円
オンライン診療 初診から対応
クリニック数 11院(東京・大阪・埼玉)
公式サイト https://www.clinicfor.life/
※1 初月0円は予防プランを定期配送で契約し、決済ページでクーポンコード「TRY」を入力した場合に適用されます。

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックのデュタステリド(ザガーロ)処方のおすすめAGA治療プラン
デュタステリド(ザガーロジェネリック) 6,930円~
ザガーロ(0.5mg) 10,450円~

イースト駅前クリニックはメンズ専用のクリニックで、AGA治療・薄毛治療やED治療などの男性の悩みに特化しています。クリニック名の通り全院が駅付近に位置しており、最寄駅から徒歩3分程度でアクセスできるので公共交通機関を利用して通院しやすいでしょう。

イースト駅前クリニックではAGA治療薬ごとに価格が定められているため、複雑なプランがなく治療費用が明瞭で分かりやすいです。デュタステリド(ザガーロジェネリック)は6,930円から購入でき、AGAの症状・進行度や希望に合わせてミノキシジル治療薬との併用治療も可能です。

来院して対面で診療を受ける場合、初診時は10〜20分程度、再診時は3〜5分程度で診察から薬の処方まで対応してもらえるので、忙しい方でも無理なくAGA治療を継続しやすいでしょう。

イースト駅前クリニックのおすすめポイント

イースト駅前クリニックは患者の方だけでなく医師・スタッフも全員男性なので、通院時に女性の目が気になるという方や、女性にはAGAの悩みを打ち明けにくい方でも受診しやすい環境が整えられています。

初診からオンライン診療にも対応しているので、自宅でAGA治療をスタートしたいという方はオンラインでの受診も検討してみてください。

>>イースト駅前クリニックの詳細をチェック!

イースト駅前クリニックのクリニック情報
AGA治療内容 内服薬・外用薬
その他の治療プラン料金 ■フィナステリド(プロペシアジェネリック)
初回:1,650円/月
通常:3,740円~/月

■ミノキシジル外用薬
初回:1,980円/本
通常:5,500円~/本
診察料などの諸費用 初診・再診料:無料(薬の処方がなければ3,300円)
治療薬の送料:1,100円
オンライン診療 初診から対応
クリニック数 40院(全国)
公式サイト https://www.eastcl.com/

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックのデュタステリド(ザガーロ)処方のおすすめAGA治療プラン
RebirthタブレットD(デュタステリド) 8,800円~/月※1
ザガーロ 初回:5,300円/月
2回目以降:10,450円/月
※1 12ヶ月コースの場合

AGAスキンクリニックは全国各地に60院以上開院している業界大手のAGA治療専門クリニックです。投薬治療のほか、注入治療や自毛植毛(東京品川院のみ)なども行っており、様々な治療薬・治療法を用いたAGA治療・薄毛治療が受けられます。

AGAスキンクリニックではオリジナルのAGA治療薬「Rebirth」も取り扱っており、そのうちのRebirthタブレットDと呼ばれるものにデュタステリドが配合されています。 またザガーロも取り扱っており、初回は割引価格で処方してもらう事ができます。

カウンセリング料や初診・再診料、血液検査料などは全て無料なので、治療薬代や施術代以外の追加料金を気にせずにAGA治療を行えるでしょう。

AGAスキンクリニックのおすすめポイント

AGAスキンクリニックは完全予約制・完全個室で診療を行っており、プライバシーに配慮した空間づくりに力を入れています。

カウンセリングから会計まで全て個室内で済ませられるため、他の患者の方と顔を合わせる心配がなく、通院時に人目が気になってしまうという方でも受診しやすいクリニックでしょう。

>>AGAスキンクリニックの詳細をチェック!

AGAスキンクリニックのクリニック情報
AGA治療内容 内服薬・外用薬・注入治療・自毛植毛※1
その他の治療プラン料金 ■注入治療
33,000円~/回※2

■自毛植毛※1
基本料金220,000円+1,067円~4,290円/1グラフト
診察料などの諸費用 初診・再診料:無料
カウンセリング料:無料
血液検査料:無料
オンライン診療
クリニック数 63院(全国)
公式サイト https://www.agaskin.net/
※1 東京品川院でのみ対応しています。
※2 12ヶ月コースの場合

e-Life(イーライフ)

イーライフのデュタステリド(ザガーロ)処方のおすすめAGA治療プラン
薄毛予防プラン(デュタステリド) 月々定額コース:4,500円
6ヶ月パック:24,300円
12ヶ月パック:45,900円
発毛総合プラン(デュタステリド+ミノキシジル内服薬) 月々定額コース:7,900円
6ヶ月パック:42,660円
12ヶ月パック:80,580円

e-Life(イーライフ)はオンライン診療に特化したAGAクリニックで、デュタステリドやミノキシジル内服薬などを用いた投薬治療を行っています。電話やZoomなどの手段で遠隔受診でき、事前の問診票を基に最短5分と短時間で診察を済ませることが可能です。

定額制で薬を定期配送してもらえる「月々定額コース」が用意されていて、デュタステリドのみの場合は月々4,500円、デュタステリドとミノキシジル内服薬を併用する場合は月々7,900円でAGA治療を継続できます。コースは契約期間・回数の縛りなしでいつでも解約可能です。

イーライフでは、定期配送コースだけでなく6ヶ月または12ヶ月から選択して一度に長期分の薬を届けてもらえる「6ヶ月・12ヶ月パック」も設けられており、AGA治療薬をまとめて購入することで治療費用が割安になるので、長期的な治療を考えている方はまとめ買いも検討してみるといいでしょう。

e-Life(イーライフ)のおすすめポイント

イーライフではAGA治療プランの費用にカウンセリング料や診察料、治療薬の送料も全て含めているので、別途で料金がかかる心配がありません。

また、16時までに決済された分の治療薬の発送は当日に行っており、最短翌日に薬を受け取れるため、オンラインながらスピーディーにAGA治療を始められるでしょう。

>>e-Life(イーライフ)の詳細をチェック!

e-Life(イーライフ)のクリニック情報
AGA治療内容 内服薬
その他の治療プラン料金 ■発毛実感プラン(ミノキシジル内服薬)
月々定額コース:4,500円
6ヶ月パック:24,300円
12ヶ月パック:45,900円
診察料などの諸費用 初診・再診料:無料
治療薬の送料:無料
オンライン診療 初診から対応
クリニック数 オンライン専門院
公式サイト https://elife.clinic/aga-lp

AGAヘアクリニック

AGAヘアクリニックのデュタステリド(ザガーロ)処方のおすすめAGA治療プラン
DUTA(デュタステリド) オンライン診療価格:7,200円/月
対面診療価格:8,000円/月
まずは発毛を実感したい(内服薬(薄毛抑制+発毛)) 10,800円~18,000円/月
より効果的な発毛を目指したい(内服薬(薄毛抑制+発毛)+外用薬(発毛促進)) 22,800円~31,000円 /月

AGAヘアクリニックは秋葉原本院・大宮院での対面診療やAHCメディカルサロンでの対面カウンセリングのほか、専用の「AHCトータルサポートアプリ」を使用したビデオ通話でのオンライン診療にも力を入れているAGA治療・薄毛治療専門クリニックです。

AGA治療の目的に合わせた代表的な治療プランの中から選べるだけでなく、デュタステリドなどの複数の内服薬や外用薬を選択・併用する169通りの治療パターンから自分に適した治療方針を提案してもらうことも可能です。用いる治療薬などのAGA治療内容によって治療費用は変動するので、カウンセリング時や診察時に詳細を確認してみてください。

AGAヘアクリニック秋葉原院は44室、大宮院は7室の個室を完備しており、完全予約制・完全個室で診療を行っているので、待ち時間がなく他の患者の方と顔を合わせることもありません。人目を気にせずに通院したいという方にも適しているクリニックでしょう。

AGAヘアクリニックのおすすめポイント

AGAヘアクリニックでは一部のAGA治療薬にオンライン診療限定の価格を設定しており、デュタステリド配合のオリジナル治療薬「DUTA」をオンラインで処方してもらう場合には対面診療時よりも割安になります。

通院の手間だけでなくAGA治療自体にかかる費用も削減できるので、なるべく料金を抑えたい方はオンライン診療での受診も検討してみると良いでしょう。

>>AGAヘアクリニックの詳細をチェック!

AGAヘアクリニックのクリニック情報
AGA治療内容 内服薬・外用薬
その他の治療プラン料金 ■現状の維持・予防を行う(フィナステリド)
初月:1,800円
次月以降:3,600円/月

■スタンダードな発毛プラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
初月:10,800円/月
次月以降:12,600円/月
診察料などの諸費用 初診・再診料:無料
カウンセリング料:無料
血液検査料:3,000円~8,000円
治療薬の送料:520円
オンライン診療 初診から対応
クリニック数 11院
(東京・埼玉・千葉・神奈川・茨城・群馬・栃木・大阪)
公式サイト https://agahairclinic.or.jp/

デュタステリド(ザガーロ)は効かない?効果なしと感じる理由

デュタステリドやザガーロを用いてAGA治療を行っている方の中には、デュタステリドの効果を実感できていない方もいるようです。

デュタステリドが効果なしと感じてしまう理由や原因、効かない場合の対策についても説明していきます。

デュタステリドが効かないと感じる理由①:抜け毛や薄毛の原因がAGAではない

デュタステリド(ザガーロ)を服用してもなかなかAGAの症状が改善されない場合、抜け毛や薄毛の原因がAGA以外であるという可能性が考えられます。

AGA以外で抜け毛や薄毛が起こる原因
  • 頭皮疾患(円形脱毛症、脂漏性皮膚炎など)
  • 栄養不足・睡眠不足
  • ストレス
  • 頭皮環境の悪化、頭皮の血行不良

抜け毛や薄毛が見られるとAGA(男性型脱毛症)を疑ってしまいますが、その他にも免疫疾患による「円形脱毛症」や皮膚の分泌が多い場所に生じる湿疹による「脂漏性皮膚炎」などの疾患も原因として考えられます。

原因を自分で判断するのは難しいため、AGAクリニックや皮膚科などを受診して頭皮・頭髪に特化した医師に診察・判断してもらうと良いでしょう。

>>無料で診察が受けられる!全国各地に開院しているAGAスキンクリニックはこちら

また、栄養不足・睡眠不足やストレス等の生活習慣、頭皮トラブルなどが薄毛の原因となっているケースもあります。こういった日々の生活とAGAが相乗して症状を悪化させている場合、デュタステリドを服用するだけでは抜け毛や薄毛が十分に改善されないことも多いので、生活習慣の見直しやストレスの解消、ヘアケア・頭皮マッサージを行うなど、AGA治療以外にも生活週間を見直すことが大切です。

デュタステリドが効かないと感じる理由②:用法・用量を守っていない

デュタステリド(ザガーロ)の治療効果を得るためには、きちんと用法・用量を守って治療を続ける必要があります。

デュタステリドは、添付文書において「1日1回経口投与する」という用法用量が定められています。そのため、飲み忘れて数日に1回しか服用しなかったりすると、せっかく治療を続けていても十分に効果が期待できない可能性も考えられます。

デュタステリドは食事等の影響を受けにくいため、具体的に服用のタイミングは決められていませんが、飲み忘れることのないように決まった時間にデュタステリドを服用するなど生活習慣の一部として取り入れるようにするのがおすすめです。

ここに注意!

    デュタステリドカプセルを服用する上で、カプセルを噛んだり開けたりしないということが注意点として挙げられています。
    カプセルが破損したり開いてしまったりすると、カプセル中に配合されている成分が口腔咽頭粘膜を刺激してしまう場合があるので、必ずそのままの状態で経口投与するようにしましょう。

デュタステリドが効かないと感じる理由③:発毛を目的として服用している

デュタステリド(ザガーロ)が効かないと判断している方の中には、新たに毛髪を生やすことを目的としてAGA治療を行っている方もいるのではないでしょうか。

デュタステリドの効果の項目でも説明しましたが、あくまでデュタステリドは抜け毛を抑制したり薄毛を予防したりと、AGAの進行を抑えることを主な目的として使用されるAGA治療薬です。

そのため、毛髪が薄くなった部分に発毛させるためにAGA治療を行っている方は、デュタステリドを服用しても効果なしだと感じてしまうでしょう。

デュタステリド(ザガーロ)を用いて発毛を目的としたAGA治療を行いたいという方は、デュタステリドとミノキシジル外用薬・内服薬を併用するのがおすすめです

デュタステリドでのAGAの進行を抑制する「守りの治療」と、ミノキシジルでの新たな毛髪を生やす「攻めの治療」を組み合わせることで、抜け毛を抑えつつ発毛効果も期待できます。

>>デュタステリドとミノキシジルを併用可能!クリニックフォアはこちら

デュタステリドの効果はいつから?効果が出るまでの期間を解説

デュタステリド(ザガーロ)の治療効果を評価するためには約6ヶ月間の服用が必要とされています。

ただし、上記の期間はあくまで目安であり、早ければ治療開始から12週間程度で抜け毛の減少などの効果が現れる人もいれば、なかなかスムーズに効果が実感できない人もいます。

AGA治療による効果が出るまでの期間は頭皮・頭髪の症状やAGAの進行度などによって個人差があるので、最低でも1年程度は治療を継続することが推奨されています。

デュタステリドに限らず、どんな有効成分や治療薬を用いてもAGAによる抜け毛や薄毛はすぐに改善されるものではないので、一定期間は根気強く治療を継続するようにしましょう。

デュタステリドの服用をやめるとどうなる?薬の半減期を説明

前項で、デュタステリド(ザガーロ)を用いたAGA治療による効果を得るために必要な期間について解説しましたが、効果を実感できた後も治療を続けなければいけないのか、薬の服用をやめるとどうなるかなどが気になる方もいるのではないでしょうか。

デュタステリドの服用を途中でやめると、再びAGAによる抜け毛や薄毛の症状が再発・進行してしまう可能性が高いです。

デュタステリドやザガーロを服用することで有効成分が血中に取り入れられますが、代謝や排泄などによって薬の血中濃度は徐々に薄められてしまうため、成分は少しずつ血中から失われていきます。

一定期間デュタステリドを服用せずに成分が消失してしまえば、同時にAGAを抑制する効果もなくなってしまうので、効果を得られた後の状態をキープしたい場合には薬の内服を続けることを推奨します。

デュタステリドの半減期について

デュタステリドに限らず、薬などの物質には「半減期」というものが存在します。

薬の半減期とは、体内(血中)に取り入れた薬の成分の濃度が半分に減るまでに要する時間を示しています。薬の効果を発揮させつつ副作用の出現を抑制するためには、適切な血中薬物濃度を保つ必要があるため、成分ごとに定められた半減期は治療を行う上で重要なバロメーターとされています。

デュタステリドの半減期は1日1回の服用で約3週間~5週間程度とされており、時間の経過とともに徐々に血中濃度が薄まることで効能も失われていくので、成分を体内に留め続けるために薬の服用を継続することが推奨されています。

頭皮・頭髪の状態や治療の経過によって適したAGA治療の内容は異なるため、しっかりと医師の診察を受けた上でその都度治療方針を相談し、併用治療から単剤治療に切り替えて減薬したり、用いる治療薬の種類を変更したりと、自分の症状に合ったAGA治療を続けるようにすると良いでしょう。

>>豊富なAGA治療薬から選択可能!定期配送で続けやすいクリニックフォアはこちら

デュタステリド(ザガーロ)が女性禁忌の理由について

デュタステリド(ザガーロ)は成人男性にしか有効性や安全性が認められていないため、女性の使用は禁忌とされています。

よって、女性がデュタステリドを服用できないのはもちろん、特に妊娠中の方などは皮膚接触における経皮吸収にも注意が必要です。

デュタステリドは間接的に男性ホルモンに影響を与えるため、女性が成分を取り込んでしまうと胎内の男児の生殖器の発達を阻害してしまう恐れがあります。万が一カプセルから漏れた薬剤に直接触れてしまった場合には、直ちに石鹸と水で洗うようにしてください。

このような理由で、女性がデュタステリドを服用することや触れることは厳禁とされているため、周囲に妊娠中・授乳中の女性がいる場合にはデュタステリド配合治療薬の取扱いにも注意するようにしましょう。

デュタステリドを通販・個人輸入で購入するリスク

デュタステリドやザガーロは医療用医薬品のため、AGAクリニックや皮膚科などの医療機関でのみ処方可能なAGA治療薬です。Amazonなどの大手通販サイトや薬局などで購入することはできません。

ですが、個人輸入代行として運営している一部の通販サイトでは、海外製のデュタステリドやザガーロなどが販売されています。

インターネット通販を利用してデュタステリドを購入するリスクについて、以下にまとめました。

デュタステリドを通販・個人輸入で購入するリスク①

デュタステリド(ザガーロ)を通販サイトから個人輸入で購入することによって、偽物や粗悪品を掴まされてしまうというリスクが考えられます。

正規品ではない治療薬に関しては、含まれている有効成分・添加物の種類や配合量などが保証されていないため、十分な治療効果を期待できないだけでなく、過剰な副作用など身体に影響を及ぼしてしまう危険性もあります。

また、海外には衛生基準が日本よりも低く定められている国もあるので、不衛生な場所で製造されていたり、不純物が混入している可能性も否めません。

安全性や健康面に気を遣ってデュタステリドを用いたAGA治療を行いたい方は、デュタステリドの通販購入はやめましょう。

デュタステリドを通販・個人輸入で購入するリスク②

デュタステリド(ザガーロ)を通販サイトから個人輸入で購入するリスクとして、副作用などの健康被害が起きた際に救済制度が適用されないという点が挙げられます。

日本では「医薬品副作用被害救済制度」という公的な制度が設けられており、医薬品を適切に使用しても入院が必要な程度の副作用が生じた場合には医療費を救済給付してもらえますが、海外から個人輸入した治療薬は適用対象外となります。

また、海外製の医薬品に関しては成分などの正しい情報が把握しにくく、副作用の症状について病院で相談しても適切な対処が困難なケースもあるので注意が必要です。

上記のようなリスクが伴うため、デュタステリドを通販や個人輸入で購入するのはあまり推奨できません。

通販でデュタステリド(ザガーロ)を届けてもらいたい方や、自宅でAGA治療を行いたい方には、スマートフォンやパソコンを利用して診察を受けられる「オンライン診療」に対応したAGAクリニックを受診するのがおすすめです。

参考:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省

デュタステリドをオンライン診療で購入できるおすすめAGAクリニック

デュタステリド(ザガーロジェネリック)を取り扱っており、オンライン診療を受診することで治療薬を自宅まで配送してもらえるおすすめAGAクリニックをご紹介します。


クリニックフォア

イースト駅前クリニック

イーライフ
デュタステリドのオンライン価格 定期:6,919円
通常:8,140円
>詳しくはこちら
6,930円
>詳しくはこちら
4,500円~
>詳しくはこちら
診察料・治療薬の送料 診察料:0円(薬の処方が無い場合は診察料1,650円が発生)
配送料:550円
初診・再診料:無料
配送料:1,100円
初診・再診料:無料
配送料:無料
診療時間 オンライン
7:00~24:00※1
平日10:00~20:00
土日祝10:00~18:00
7:00~22:00
公式サイト
※1 診療時間は、土日祝日をはじめ日によって異なる場合があります

デュタステリドを用いた内服薬治療をオンライン診療で行う上で、通常よりも割安な料金でAGA治療を継続できる定期配送プランが設けられているクリニックなどもあります。

上記のような初診からオンライン診療に対応しているクリニックであれば、来院せずとも遠隔で医師の診察を受けた上でデュタステリド治療薬を処方してもらえるので、通販・個人輸入での購入を考えていた方はAGAクリニックの「オンライン診療」という選択肢も検討してみてくださいね。

デュタステリド(ザガーロ)に関するよくある質問

デュタステリド(ザガーロ)に関して、ここまで解説してきた内容以外のよくある質問についてQ&A形式でご紹介していきます。

デュタステリドに併用禁忌薬はある?

デュタステリド(ザガーロ)に併用禁忌薬として定められているものはないので、風邪薬や常用している治療薬などと併せて服用することが可能です。
ただし、併用注意薬としてはCYP3A4阻害作用を有する「リトナビル」が配合されている薬剤などが挙げられており、併用することでデュタステリドの代謝が阻害され、血中濃度が上昇してしまう可能性があります。
また、デュタステリドやザガーロと類似した作用機序を持つフィナステリド配合治療薬「プロペシア」「フィナステリド」等との飲み合わせも禁止とされており、併用することで副作用の発現率が高まってしまうので注意しましょう。

デュタステリドを服用すると体毛が薄くなる?

デュタステリドには、ヒゲなどの体毛の成長を促す役割を持つ男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を抑制する作用があるため、デュタステリドを服用することで頭髪以外の体毛が薄くなる可能性があります。
また、ミノキシジルと併用してのAGA治療を行う場合、ミノキシジルの副作用である多毛症によって体毛が濃くなるケースもあることは押さえておきましょう。

デュタステリドを用いた治療中の飲酒はできる?

デュタステリド(ザガーロ)はアルコールの影響を受けにくいため、服用前後に飲酒をしても治療効果に影響が出たり、健康被害を及ぼすことは基本的にありません。
ですが、過度な飲酒をすると肝臓に負担が掛かり、デュタステリドの副作用として起こり得る肝機能障害を発症するリスクが高まってしまいます。服用中は過剰なアルコールの摂取は控え、あくまで適量に留めておくと良いでしょう。

デュタステリドを飲み忘れてしまった場合はどうする?

デュタステリド(ザガーロ)は「1日1錠」と用法用量が定められているので、基本的には毎日継続して服用する必要があります。
ただし、デュタステリドを1日飲み忘れてしまったとしても、翌日に2日分をまとめて服用するのは危険です。
服用量を増やしても2倍の効果が得られる訳ではなく、用量以上を摂取することで副作用が発現するリスクも高まってしまうため、飲み忘れた場合にも翌日以降は通常通りにデュタステリドの服用を再開するようにしましょう。

デュタステリドでのAGA治療は保険適用・医療費控除の対象になる?

AGA(男性型脱毛症)は健康面に影響を及ぼす疾患ではないので、デュタステリドやザガーロに限らずAGA治療は全て保険適用外です。そのため、治療費用は全額自己負担になります。
また、同様の理由でAGA治療にかかる費用は医療費に該当しないと見なされることから、基本的には医療費控除の対象外であることも把握しておきましょう。

デュタステリドの副作用でがんのリスクはある?

デュタステリド(ザガーロ)の副作用によって、がんのリスクが高まるということは原則としてありません。
ですが、デュタステリドには前立腺がんの腫瘍マーカーであるPSA(前立腺特異抗原)の値を下げる作用があるため、PSA検査の正しい結果が得られにくくなり、前立腺がんの発見が遅れてしまう可能性があります。
デュタステリドを用いたAGA治療中にPSA検査を受ける場合には、事前にデュタステリドを服用している旨を医師に伝えるようにしてください。

デュタステリド(ザガーロ)の効果と副作用【まとめ】

ここまで、デュタステリド(ザガーロ)の効果・副作用や、デュタステリドとフィナステリド・ミノキシジルの違いや併用について詳しく解説してきました。

最後に、デュタステリド(ザガーロジェネリック)を処方してもらえるおすすめAGAクリニック3院について、デュタステリドの価格とおすすめポイントを以下にまとめました。

クリニック名 デュタステリドの価格 おすすめポイント

クリニックフォア
定期:6,919円
通常:8,140円
>詳しくはこちら
定期配送プランなら通常より15%オフ

イースト駅前クリニック
6,930円~
>詳しくはこちら
10~20分程度と短時間で薬を処方してもらえる

AGAスキンクリニック
8,800円~
>詳しくはこちら
オリジナルのデュタステリド配合治療薬あり

デュタステリド(ザガーロ)はⅠ型・Ⅱ型5αリダクターゼをどちらも阻害でき、抜け毛の抑制や薄毛の予防を目的としたAGA治療薬として幅広く用いられています。また、ミノキシジル治療薬と併用しての発毛のためのAGA治療にも有効です。

デュタステリドは様々なAGAクリニックで取り扱われていますが、定期配送プランの契約で割安にAGA治療を続けられるクリニックなど、用意されている治療プランや設定されている治療費用は各院で様々です。

それぞれのAGAクリニックの診療内容を詳しくチェックした上で、自分に合ったデュタステリドを用いるAGA治療が受けられるクリニックを探してみてくださいね。

PICK UP
おすすめ美容医療特集
  • 医療脱毛 医療脱毛 医療脱毛
    メンズ脱毛 メンズ脱毛 メンズ脱毛
    AGA AGA AGA治療
    ED治療 ED治療 ED治療
    美容医療 美容医療 美容医療
    ピル ピル ピル
    女性の薄毛治療 女性の薄毛治療 女性の薄毛治療
    セルフ美容 セルフ美容 セルフ美容
    いびき治療 いびき治療 いびき治療
    不眠症治療 不眠症治療 不眠症治療
  • RANKING
    人気記事ランキング
    もっと見る