若ハゲの特徴と基準はどこから?薄毛の原因から治療・改善対策方法をご紹介

334views
若ハゲの特徴と基準はどこから?薄毛の原因から治療・改善対策方法をご紹介

まだ若いのに髪が薄くなってきた、頭頂部や生え際の薄毛が気になるという「若ハゲ」を気にしている方に、若ハゲの基準はどこからか、特徴や前兆を含めて、薄毛の原因を解説しています。

また若ハゲの治療で病院やクリニックを受診する際の診療科目は何科か、またどのような治療があるのかなど治療の種類や注意点のほかに、若ハゲの治療が行えるクリニック・病院おすすめ5院をご紹介しています。

これらのほかに、10代20代30代の薄毛の対策・改善方法と、若ハゲに合う髪型やファッションについてもまとめているので、若はげに悩んでいる方、薄毛が気になって自信がもてないという方は参考にしてください。

若ハゲの基準はどこから?特徴と前兆を解説

若いのに髪が薄い、もしかしたら若ハゲかも?と思った際に基準となるのは、若いのに以前よりもあきらかに毛髪が薄くなったことが分かるということです。

若ハゲは早ければ高校生くらいから薄毛になる人もおり、これからおしゃれを楽しむ世代としては深刻な問題です。

では、具体的にどのような状態が若ハゲというのか、特徴や前兆を見てみましょう

抜け毛の増加

若はげの前兆と見られる症状のひとつに、抜け毛の増加があげられます。

通常の毛髪でも1日100本程度は抜けると言われていますが、それ以上の抜け毛を実感している場合は若ハゲが進行している可能性があります。

排水溝に溜まる毛髪や枕に付いている毛髪、床に落ちている毛髪などの量がいつもより極端に増えたと実感している場合は、若ハゲの前兆と疑ってもよいでしょう。

細い毛・短い毛の増加

以前よりも細い毛や短い毛が増えた場合には、若ハゲが進行している特徴とも言えます。

細い毛や短い毛が増えると髪にハリやコシがなくなり、毛の立ち上がりが弱くなります。ヘアセットを必ずしている人であれば、以前よりもヘアセットがしづらいと感じるでしょう。

毛髪が細くなった、短い毛が増えたと感じる場合には、若ハゲが進行している前兆ともいえます。

生え際(前髪)が薄くなった

生え際や前髪が以前よりも薄くなった、おでこが広くなったと感じる場合には、若ハゲが進行している可能性が疑われます。

生え際の薄毛は正面から見てアルファベットの「M」に見えることで「M字はげ」とも呼ばれていますが、生え際の産毛が少なくなっている、剃り込みを入れたように後退している場合は注意が必要です。

生まれつきM字の方もなかにはいますが、あきらかに進行しているのが分かる場合には放っておくとM字からU字へと進行する可能性もあります。

つむじ(頭頂部)が薄くなった

つむじや頭頂部は、背後から見たときに他人から目立つ部分であり、家族や友人などから指摘されて若ハゲに気づくケースが多いです。

つむじ部分の毛髪は通常渦を巻いたように流れていますが、若ハゲになるとつむじ部分の毛髪が細くなり渦を巻かずに直線に流れるようになる特徴があります。

つむじや頭頂部の薄毛は「O字ハゲ」とも呼ばれ、重度になると頭皮の色が茶褐色になり、若ハゲを進行させてしまう恐れがあります。

若ハゲになる原因!何歳から何歳までを若ハゲと呼ぶ?

若ハゲと呼ばれる年代は、10代20代で薄毛になっている場合には確実に当てはまりますが、30代になると若ハゲに当てはまるかは年齢のみならず見た目も関わってくるようです。

見た目が若い30代であれば若ハゲになるようですが、年相応または老けて見えている場合は若ハゲとは認識されにくいようです。

高校生や大学生の10代、20代の薄毛は若ハゲと言えますが、30代の若ハゲはその人の見た目から周囲の認識で判断されるためやや曖昧になります。

ではなぜ、10代や20代、30代の若い世代でも若ハゲになってしまうのか、原因を確認してみましょう。

若ハゲの原因:AGA(男性型脱毛症)

若ハゲの原因の1つに男性ホルモンが影響して起こる「AGA(男性型脱毛症)」が考えられ、10代や20代、30代のAGAの場合には若年性脱毛症とも呼ばれています。

AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンである「テストステロン」と酵素の一種「5αリダクターゼ」が結びつき「DHT(ジヒドロテストステロン)」に変換された後に、さらに男性ホルモンの受容体と結合し、抜け毛の因子となる「TGF-β」が増加することで薄毛を引き起こすと言われています。

「5αリダクターゼ」には「Ⅰ型」と「Ⅱ型」があり、「Ⅰ型」は全身のほどんどの毛乳頭や皮脂腺に多く分布し頭部では側頭部と後頭部に存在、「Ⅱ型」は頭皮やワキ、ヒゲ、陰部などの毛乳頭細胞に分布し頭部では生え際や前頭部、つむじ周辺に多く存在しています。

5αリダクターゼは誰にでも存在するものではありますが、活性化するほど原因物質のDHT(ジヒドロテストステロン)が発生しやすくなります。

AGAの発症は5αリダクターゼの働きによって左右されることが多いため、この働きを抑える必要があります。

AGA(男性型脱毛症)は進行性の疾患となり、放置してしまうと抜け毛や薄毛が進行する可能性が高いです。

特に若い世代でAGAを発症してしまうと40代で発症した場合を比べても、進行スピードが早いとも言われているため、早めの対策・治療が必要になります。

若ハゲの原因:食生活や睡眠、ストレスなどの生活習慣

若ハゲの原因には前述しているAGAのほかに、普段の食生活や睡眠、ストレスなどの生活習慣が関係しているとも言われています。

毛髪は食品から得られる栄養によって成長しますが、脂質が多かったり栄養が偏っている状態だと丈夫な毛髪が育ちにくくなっていまいます。

睡眠不足がある場合には成長ホルモンの分泌を減少させ、髪の成長に関わる成長因子(IGF-1)も減少してしまいます。

またストレスも若ハゲの原因となります。慢性的なストレスは自律神経を乱れさせ血管が収縮することで、毛細血管から必要な栄養が運ばれずに抜け毛や薄毛に繋がります。

パーマやカラー、紫外線などの外部からの受ける刺激も、頭皮環境を悪化させ抜け毛や薄毛を引き起こし、若ハゲの原因に繋がります。

これらは普段何気なく生活しているため気付きにくく、さらにこれらが重複している場合もあります。いずれも抜け毛や薄毛になる原因に思い当たる点がある場合には、生活習慣の改善を行うことが大切です。

編集部から一言!

若ハゲの原因は様々ですが、日本人の1/3がAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛とも言われ早い人では10代後半頃に発症するケースもあるようです。
しかしAGAの初期症状は生活習慣などが原因の薄毛と見分けがつかないことがほとんどで、さらに進行性の疾患のため放っておくと若ハゲがどんどん進んでしまいます。
育毛剤などで対応する方も多くいますが、育毛剤は今生えている毛を育てる効果はありますが、抜け毛を予防したり、髪を生やす効果は期待できません。AGAは進行性の疾患のため早めの治療を検討することをおすすめします。

若ハゲの治療を行う際の病院は何科?保険適用になる?

若ハゲが進行性のAGA(男性型脱毛症)だった場合で治療を行う際には、何科を受診すればよいのか、また費用の支払いは保険適用になるのか、治療を始める前に疑問に思う点を解説します。

若ハゲの治療は何科を受診する?

若ハゲの治療を検討する際に、病院やクリニックでは何科を受診すればよいのか悩む方も多いと思いますが、毛髪や頭皮は医学的に「皮膚」に分類されているため、皮膚科を受診するとよいでしょう。

現在では皮膚科にかかわらず内科や形成外科、美容皮膚科などでもAGA治療に対応し、さらにAGA治療を専門に行うクリニックもあります。

AGA治療を行う病院やクリニックは以前に比べて増えていますが、すべての病院・クリニックで対応しているわけではないので、AGA治療に対応しているかを事前に確認しておくとよいでしょう。

若ハゲの治療は保険適用になる?

若ハゲの治療は基本的に、薄毛は生命に関わる疾患ではないため、保険証が適用されない全額自己負担の自費診療となります。

また、年度末に税務署に申請を行う医療費控除の対象からも外れているため、若ハゲの治療にかかった費用は医療費控除に含めないよう注意してください。

治療にかかる費用はクリニックや病院の各々で料金を設定できるため、治療費用はそれぞれで異なります。

若ハゲの治療は保険診療と比べても費用が高めなので、予算と比べて費用に無理がないかもチェックしておきましょう。

若ハゲ治療の種類と効果・副作用

若ハゲの治療には内服薬と外用薬の投薬治療と、頭皮下に薬剤を入れる注入治療、薄くなった部分に毛髪を移植する自毛植毛があります。

治療はどのような仕組みでどのような効果が得られるのか、副作用を含めて解説します。

さらに治療を始めてからどれくらいの期間で効果が得られるのかも説明しているので確認してみましょう。

若ハゲの治療①内服薬

主な治療薬名 プロペシア(後発品:フィナステリド)
ザガーロ(後発品:デュタステリド) など
効果 抜け毛の抑制
治療薬の仕組み ■プロペシア(後発品:フィナステリド)
頭頂部や後頭部に存在する「5αリダクターゼⅠ型」の働きを抑制する。抜け毛による薄毛の進行を抑える効果が期待できる。

■ザガーロ(後発品:デュタステリド)
頭頂部や後頭部に存在する「5αリダクターゼⅠ型」と前頭部に存在する「5αリダクターゼⅡ型」の働きを抑制する。
作用する範囲が広く、抜け毛による薄毛の進行を抑える効果が期待できる。
主な副作用 胃不快感、下痢、リビドー減退、射精障害、精液減少、勃起不全、初期脱毛 など
※クリニックによってはオリジナル治療薬や国内未承認薬を使用する場合があります。

内服薬はAGA(男性型脱毛症)が原因の若ハゲの治療に多く使用されるスタンダードな治療法で、AGA治療を行うクリニック・病院のほとんどで取り扱っています。

内服薬のなかでも上記の4種類は薄毛に効果が期待できるとされている国内承認のAGA治療薬です。AGA治療を行う病院やクリニックではこれらを取り扱うことが多いですが、クリニックによっては独自処方のオリジナル治療薬や国内未承認薬を使用して治療を行う場合もあります。

これらのほかにも、国内未承認薬としてミノキシジル内服薬(ミノタブ)を取り扱っているところもあります。ミノキシジル内服薬(ミノタブ)には発毛を促進する効果があると言われていますが、多くの副作用がある点と日本皮膚科学会では推奨しない「推奨度D」とされているため、内服する際には医師と相談のうえで検討するようにしてください。

クリニックや病院によっては複数種類の治療薬を取り扱っているところと、いずれかに限定して取り扱っているところなど様々あり、治療薬が複数あるほど若ハゲの進行状態や予算に応じて処方を行ってくれます。

そのため、自分の薄毛がどの状態にあたるのか分からないという方は複数種類の内服薬があるクリニックを選ぶとよいでしょう。

ただし、内服薬を服用できる年齢は、クリニックによっても定めている年齢に違いがあり、20歳以上としているところや15歳以上であれば治療が行えるところがあります。

高校生などの10代が若ハゲの治療を受けたい場合には、オンライン診療にも対応しているクリニックフォアでAGA治療が受けられます。

クリニックフォアでは15歳以上であれば若ハゲの治療にも対応しており、15歳以上18歳未満の方は親権者の同席または保護者に電話確認で治療が受けられる場合があるので、若ハゲに悩んでいる人は相談してみるとよいでしょう。

>>15歳以上の若ハゲ治療に対応しているクリニックフォアの公式サイトはこちら

若ハゲの治療②外用薬

主な治療薬名 ミノキシジル外用薬
ミノキシジルリキッド など
効果 発毛促進
治療薬の仕組み 有効成分のミノキシジルには血管を拡張する作用があり、それにより血行を促進し毛根に栄養を届きやすくする。
また毛髪の成長に関わる毛母細胞を活性化し発毛を促進する効果が期待できる。
主な副作用 めまい、頭痛、むくみ、かぶれ、かゆみ、熱感、ふけ、発疹、発赤、初期脱毛 など
※クリニックによってはオリジナル治療薬や国内未承認薬を使用する場合があります。

頭皮に液剤を塗布できる外用薬には、有効成分の「ミノキシジル」を配合したものが使用されることが多く、内服薬に次いでAGA治療を行うクリニックや病院で取り扱われています。

ミノキシジル外用薬は、日本皮膚科学会でもAGA治療に適した「推奨度A」を示しており、若ハゲに悩んでいる人にも有効な治療薬と言えます。

さらにミノキシジル外用薬と内服薬を組み合わせて治療を行うことで、抜け毛を抑制しながら発毛効果も期待できるため、若ハゲの進行状態に合わせて併用してみるのもよいでしょう。

市販でもミノキシジルが5%配合された外用薬は販売されていますが、クリニックや病院では配合濃度が5%以上のものもあるので、配合濃度を選びたい方はクリニックを受診するとよいでしょう。

ただし、クリニックや病院によってもミノキシジル外用薬を取り扱っていないところもあるので、受診前に確認しておきましょう。

編集部から一言!

内服薬や外用薬はAGA治療を行うクリニックや病院で多く取り入れられている治療です。
ただし、クリニックや病院によっては取り扱いのない治療薬もあるので、ある程度選択肢が多い方が良いという方は複数種類の治療薬を扱っているところを受診するとよいでしょう。
内服薬や外用薬は若ハゲの治療を行うにあたってもっともスタンダードで始めやすい治療なので、薄毛の進行が気になる方は投薬治療から始めてみてるといいでしょう。

尚、内服薬と外用薬に共通して起こる副作用のひとつに「初期脱毛」があります。初期脱毛は、乱れたヘアサイクルが治療によって整うことで、新しい髪が生えてくる前段階として弱々しい古い髪が抜ける症状です。

初期脱毛は治療をスタートしてから10日から1ヶ月の間に一時的に抜け毛が起き、長い人でも3ヶ月程度で落ち着くと言われています。

一時的とは言え抜け毛が増えることで驚く人も多いですが、治療を途中で中断してしまうと若ハゲを進行させてしまう原因にもなります。

初期脱毛と思われる症状で不安になった場合や、なかなか抜け毛が落ち着かないという場合には、自己判断で治療をやめずにまずは医師に相談し判断を仰ぐとよいでしょう。

若ハゲの治療③注入治療

主な治療法 効果 治療の仕組み
メソセラピー
HARG療法 など
抜け毛の抑制
発毛促進
ミノキシジルに加え成長因子やビタミン類などを配合した液剤を、頭皮下に直接注入することで、抜け毛を抑えながら発毛を促進する効果が期待できる。
※クリニックによっては独自の施術法や国内未承認の医療機器を使用して施術を行う場合があります。

注入治療は注射器や特殊な医療機器で頭皮に噴射する方法があり、外科的な施術を行うため一部のクリニックや病院で取り扱われています。

注射器で施術を行う場合には、針を使用することで痛みを生じる場合がありますが、特殊な医療機器を使用する場合には、注射器ほど痛みを感じることなく施術が行えます。

クリニックによっては痛みを和らげるための麻酔や冷却、極細針などを使用して施術を行うところもあるため、痛みへの対応があるかもチェックしておくとよいでしょう。

注入治療は内服薬や外用薬のオプションとして併用されることもあり、さらに若ハゲの進行状態に応じて数週間に1度の施術が必要になるケースがあるということを覚えておいてください。

若ハゲの治療④自毛植毛

主な治療法 効果 治療の仕組み
ニードル法
FUE法
FUT法 など
薄毛が気になる部分を目立たなくする AGAの影響を受けていない後頭部や側頭部の毛髪を、薄毛が進行してしまった部分に毛包ごと移植する方法。植毛した毛髪が生え揃うまでには1年程度の期間がかかるが、定着後は元の毛髪の性質を引き継ぎ、生え変わりを繰り返す。
※クリニックによっては独自の施術法や国内未承認の医療機器を使用して施術を行う場合があります

自毛植毛は外科的な施術となり、専門医がいるごく一部のクリニックで取り入れられている施術法です。

自毛植毛の施術法には、専用の医療機器で穴をあけながら植え込みを行うニードル法と、毛髪を植え込むFUE法、メスを使用したFUT法などがあります。

クリニックや病院によってはこれら以外の独自の施術法などもありますが、施術後は移植した部分と採取した部分のケアが必要になります。

自毛植毛は毛根がなくなり薄毛の改善が見込めない場合に選ばれる方が多いですが、植毛を行う範囲が広いほど費用も多額にかかるため、医師としっかり相談し納得したうえで治療を検討してください。

編集部から一言!

現在ではAGA治療に対応したクリニックや病院が多くありますが、取り扱っている治療法はクリニックによって様々です。
若ハゲの進行状態に応じた治療を受けることが望ましいですが、「勇気がでない」「クリニックに直接行くのはちょっと…」という方はオンライン診療でAGA治療を行っているクリニックを選ぶのもよいでしょう。
オンライン診療では内服薬や外用薬を使用したAGA治療が行え、スマートフォンやパソコン、タブレットなどビデオ通話が可能な機器とインターネット通信環境があれば、自宅や好きな場所でAGA治療をスタートすることができます。
オンライン診療に対応していることで通院することに抵抗がある人でも受診しやすくなっているので、一歩が踏み出せないという方はオンライン診療があるクリニックを検討してみてください。

若ハゲは進行状況に応じて適切な治療を行うことで改善が見込めますが、その反面で上記のような副作用が起こる可能性があります。

副作用は治療を受けたすべての人に起こるものではありませんが、症状は人によっても異なり、治療に対して不安がある方は必ず医師と相談の上で治療を始めることが大切です。

また、若ハゲの治療は既往歴がある方や他の疾患で治療を受けている方、他の薬を服用している方はAGA治療が受けられない場合があるので、必ず医師に申告しAGA治療が行えるか相談しましょう。

若ハゲの治療を開始してから効果が実感できるまでの期間

若ハゲの治療を開始してから効果が実感できるまでの期間については、薄毛の進行状況や人によっても異なりますが、ほとんどの人が6ヶ月程度で効果を実感している人が多いと言われ、さらに1年程度は同じ治療を続けることが望ましいとされています。

また、AGAは進行性の疾患のため、治療の効果が得られた後も治療を継続する方が多いのも現状です。

例えば、発毛を目的とした治療を行い効果実感があった場合、その後は毛髪を維持する治療に切り替えて継続する方も多くいます。

治療を止めてしまうと若ハゲが進行してしまう可能性が高いため、中長期的な治療の継続が必要でしょう。

若ハゲの進行状態によって治療法と治療期間が異なるので、詳しい期間や内容は医師と相談しながら治療を進めるとよいでしょう。

若ハゲの治療が行えるクリニック・病院おすすめ5院

では、若ハゲの治療が行え、さらに住んでいる地域に限らず初診からオンライン診療にも対応しているクリニックを5院ご紹介します。

いずれも治療の種類や費用、特徴がそれぞれで異なるので、自分にあったクリニックはどこか比較・検討してみてください。

クリニックフォア

クリニックフォアの主な特徴
  • 定期配送で治療薬がずっと15%オフ
  • 治療薬が3ヶ月分で5%オフ・6ヶ月分で10%オフ
  • 全額返金保証制度あり

クリニックフォアは全国に8院あり、対面診療はもちろん初診からオンライン診療にも対応しています。

治療薬は単剤での処方も可能ですが、若ハゲの進行状況に合わせた4つのプランも用意されています。治療薬は1ヶ月ごとに購入できますが、3ヶ月分で5%オフ、6ヶ月分で10%オフ、定期配送で15%オフになるなど、購入方法に応じて割安で購入できます。

オンライン診療で「予防プラン(フィナステリド)」の定期配送を希望した場合には、初月0円、2ヶ月目以降も15%オフの3,412円(税込)でAGA治療が始められます。

定期配送やまとめ買いは治療薬を切らすことなく継続できるので、長期的な治療を検討している人にも向いています。

また、クリニックフォアでは「全額返金保証制度」があり、治療薬が体に合わなかった場合は治療にかかった費用が返金されるので、治療に不安がある方でも始めやすいクリニックです。

オンライン診療を利用した場合の治療薬の送料は550円(税込)がかかりますが、診察料などのその他の費用がかからないので、費用を抑えて治療が行えます。

15歳以上18歳未満の方でも親権者の同席または保護者に電話確認で10代の方でも受診が可能なので、若ハゲに悩む10代の方は相談してみるとよいでしょう。

治療の種類 内服薬・外用薬
おすすめプランと費用 ■予防プラン(フィナステリド)
通常購入:4,015円/月
定期配送:初月0円、2ヶ月目以降3,412円/月※1

■発毛ライトプラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
通常購入:10,780円/月
定期配送:9,163円/月

■発毛基本プラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬+サプリ)
通常購入:16,280円/月
定期配送:13,838円/月

■発毛即効プラン(フィナステリド+ミノキシジル内服薬+ミノキシジル外用薬+サプリ)
通常購入:27,280円/月
定期配送:23,188円/月
その他の費用 診察料・予約料:無料
治療薬の送料:550円
支払い方法 クレジットカード、GMO後払い(コンビニ・銀行・郵便局・LINE Pay)、代金引換
割引・特典・保証 予防プラン定期配送初月分0円
まとめ買い割引
のりかえ割
全額返金保証
クリニック数 東京6院、埼玉1院、大阪1院
※ 表内の料金はすべて税込価格です。
※1 初回0円キャンペーンは決済ページでクーポンコード「TRY」を入力した時の価格です。

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックの特徴
  • 対面診療とオンライン診療でAGA治療が行える
  • 若ハゲの進行状態や予算に応じて治療法を組み合わせることも可能
  • 割引サービスが充実している

AGAスキンクリニックは全国に50院以上あるAGA治療に特化したクリニックで、親権者の同意があれば18歳からAGA治療が行えます。

治療法が充実しており、内服薬や外用薬を用いた投薬治療、頭皮下に薬剤を注入する注入治療、薄毛部分に移植を行う自毛植毛(※1)などの施術も行っています。

治療法が充実しているため、若ハゲの進行状態や予算に合わせて治療法を組み合わせることも可能です。治療薬は単剤での処方はもちろんコース契約も行っており、6ヶ月コース以上の契約で費用が割安になります。

初診からオンライン診療にも対応していますが、治療途中で対面診療を受けたい場合には、住んでいる地域にクリニックがあれば通院に切り替えてAGA治療を行うことも可能です。

オンライン診療であっても初診時には自己採血で血液検査を行い、再診は3ヶ月ごとに受診し頭皮や健康状態を確認しながら治療を進めるため、対面診療と同等の投薬治療が受けられます。

モニターを希望すると特定のプランが最大30%オフになったり、学割や友だち紹介割などの割引サービスが充実しているので、治療費用を抑えたい方は活用してみるとよいでしょう。

治療の種類 内服薬・外用薬・注入治療・自毛植毛※1
おすすめプランと費用 ■予防・AGAの進行を遅らせたい方(フィナステリド)
初月3,700円
2ヶ月目以降6,200円/月

■発毛を希望の方(フィナステリド+ミノキシジル内服薬)
15,400円/月

■効果的な発毛を希望の方(フィナステリド+ミノキシジル内服薬+ミノキシジル外用薬+サプリ)
38,500円/月

■より効果的な発毛を希望の方(フィナステリド+ミノキシジル内服薬+ミノキシジル外用薬+Dr’sメソ)
93,500円/月
その他の費用 カウンセリング料:無料
初診料・再診料:無料
オンライン診察料・治療薬の送料:無料
血液検査料:無料
支払い方法 現金、クレジットカード、デビットカード、PayPay、LINEPay、医療ローン
割引・特典・保証 治療費20%OFF
雨の日特典
初月料金割引
のりかえ割
学割
友達紹介割
発毛実感モニター
交通費補助制度
全額返金制度
クリニック数 東京11院、神奈川3院、埼玉2院、千葉3院、栃木1院、群馬1院、北海道1院、青森1院、宮城1院、秋田1院、愛知4院、静岡2院、岐阜1院、三重1院、富山1院、大阪7院、京都3院、兵庫2院、奈良1院、岡山1院、広島2院、愛媛1院、高知1院、福岡2院、熊本1院、鹿児島1院、沖縄1院
※ 表内の料金はすべて税込価格です。
※1 自毛植毛はAGAスキンクリニック品川院でのみ対応しています。

イースト駅前クリニック

イースト駅前クリニックの特徴
  • 都合に合わせて受診方法が選べる
  • 短時間の診療で済みすぐ治療薬がもらえる
  • 医師を含むスタッフ全員が男性

イースト駅前クリニックは全国に20院以上あるクリニックで、どの院も最寄り駅から近く通いやすい立地にあるのが特徴です。

治療薬を複数種類取り扱っており、薄毛の状態に合わせて治療薬を組み合わせた処方を行っています。

対面診療をはじめオンライン診療にも初診から対応し、そのときの都合に合わせて受診方法が選べ、通院が難しい場合でも電話で治療薬を送ってくれるので継続がしやすいでしょう。

受付から会計までが短く、対面診療の初診時でも10分~20分程度の滞在時間で済むため、長時間のカウンセリングが苦手な方や治療薬をすぐほしい方に向いているクリニックです。

また医師を含むスタッフ全員が男性となっているため、異性の目を気にすることなく相談がしやすい環境が整えられています。

同じイースト駅前クリニックであればどこの院でも受診することが可能で、出張や旅行先で治療薬が無くなってしまった場合でも立ち寄ることができます。

治療の種類 内服薬・外用薬
おすすめプランと費用 ■予防、薄毛改善を目的とした治療(プロペシアジェネリック・ザガーロジェネリックなど)
3,800円~/月

■発毛を目的とした治療(内服薬+ミノキシジルなど)
12,100円~24,300円/月
その他の費用 診察料:無料
カウンセリング料:無料
AGA検査キット:5,980円
AGA治療薬の送料:1,100円(初診の場合のみ一万円以上で送料無料)
支払い方法 現金、クレジットカード
割引・特典・保証 特になし
クリニック数 北海道1院、宮城1院、東京8院、神奈川2院、埼玉1院、千葉1院、茨城1院、静岡1院、愛知2院、石川1院、京都1院、大阪3院、兵庫1院、岡山1院、広島1院、福岡1院、熊本1院
※ 表内の料金はすべて税込価格です。

銀座総合美容クリニック(銀クリ)

銀座総合美容クリニック(銀クリ)の特徴
  • 一人ひとりの状態に応じたAGA治療が行える
  • 注入治療は針を使わないノーニードル育毛セラピーで施術を行う
  • 治療効果と健康に配慮した治療が行える

銀座総合美容クリニック(銀クリ)は東京と大阪に2院あるクリニックで、内服薬と外用薬の投薬治療のほかに注入治療によるAGA治療を行っています。

初診時は若ハゲの進行度を確認し原因を分析、遺伝子検査による将来の進行リスクの判定を行い、診断結果に基づいて治療薬・注入治療を提案しています。頭髪の状態のみならず様々な方面から若ハゲの原因を分析して治療を行うため、一人ひとりの状態に応じたAGA治療が行えます。

注入治療は針を使わないノーニードル育毛セラピーによる施術を行っているため、痛みを軽減した治療が受けられるでしょう。

銀クリではオンライン診療にも対応しており、忙しかったり遠方で通院が難しい方でも初診から受診が可能です。また、対面診療で治療を行っている方でも、ある程度治療に慣れた方であればオンライン診療に切り替えて治療を継続することも可能です。

1ヶ月に1度診察を行い、その都度頭髪の様子や治療の満足度、体調を確認しながら治療を進めるため、治療効果のみならず健康に配慮した治療が行えます。

治療の種類 内服薬・外用薬・注入治療
おすすめプランと費用 ■AGA治療内服薬(フィナステリド・デュタステリド・ミノキシジルなど)
初月:1,000円/月
次月以降:2,000円~19,250円/月

■ノーニードル育毛メソセラピー
19,800円/回
その他の費用 初回カウンセリング料:無料
初診料:無料(治療費に含む)
再診料:無料
血液検査:5,500円
AGA遺伝子検査:19,800円
支払い方法 現金、クレジットカード
割引・特典・保証 特になし
クリニック数 東京1院、大阪1院
※ 表内の料金はすべて税込価格です。

AGAオンクリ(AGAオンラインクリニック)

AGAオンクリ(AGAオンラインクリニック)の主な特徴
  • スタッフ全員が男性だから相談しやすい
  • マスク・サングラスを着用したままの診療OK
  • すべてのプランが初月0円で始められる

AGAオンクリ(AGAオンラインクリニック)はオンライン診療に限定してAGA治療を行うクリニックです。

医師やカウンセラーを含むスタッフ全員が男性で、マスクやサングラスを着用したままの診療もできるため、相談がしやすくプライバシーが守られた状態でAGA治療が行えます。

治療プランは若ハゲの状態に応じて複数用意されており、すべてのプランが初月0円で治療が始められます。

治療薬の送料が別途でかかりますが、治療薬以外の費用がかからないので毎月同じ料金で予算の見通しが立てやすく続けやすいのが特徴です。

診療時間の予約枠が広く、日によっては24時間いつでも予約が取れるので、早朝や深夜の時間帯に診療を受けたい人でも利用がしやすいでしょう。

6ヶ月継続しても効果が得られなかった場合で条件を満たしていれば、治療費用が返金される「全額返金保証制度」も用意されています。

治療の種類 内服薬・外用薬
おすすめプランと費用 ■予防プラン
初月:0円
2ヶ月目以降:3,000円~4,000円
■AGA初期プラン
初月:0円
2ヶ月目以降:6,000円~7,000円
■発毛プラン
初月:0円
2ヶ月目以降:9,000円~11,000円
■発毛プランW
初月:0円
2ヶ月目以降:13,000円~15,000円
■積極発毛プラン
初月:0円
2ヶ月目以降:15,000円~18,000円
■積極発毛プランW
初月:0円
2ヶ月目以降:19,000円~23,000円
その他の費用 カウンセリング料:無料
診察料:無料
AGA治療薬の送料:1,000円~1,500円
支払い方法 クレジットカード、Amazon Pay、代引き決済
割引・特典・保証 初月治療費0円
全額返金保証制度
クリニック数 オンライン診療のみ
※ 表内の料金はすべて税込価格です。

10代20代30代の若ハゲの対策・改善方法とは

10代、20代、30代で若ハゲかも?治療の他になにか対策方法があれば知りたいという方に、自分でできる若ハゲの対策・改善方法をご紹介します。

若ハゲの対策・改善方法①栄養を摂る

若ハゲの原因のひとつに栄養不足があげられますが、毛髪の成長に必要な栄養を普段の食事に意識して取り入れましょう。

毛髪の成長に必要な栄養素は主に、ビタミン類、タンパク質、亜鉛の3つになりますが、これらをバランスよく摂取することが大切です。

ビタミンは身体のあらゆる機能をサポートするために必要な栄養素で、A・B・C・Eなど様々な種類があり、そのほとんどは体内では生成できないもののため普段の食事から意識して摂ることが大切です。

ビタミンが多く含まれる食材

ビタミンA:豚レバー、鶏レバー、うなぎ、にんじん、卵黄、モロヘイヤ、ほうれん草
ビタミンB2:豚レバー、味付けのり、アーモンド、卵、ブロッコリー、アボカド
ビタミンB6:赤身のまぐろ、牛レバー、鶏レバー、鶏ささみ、かつお、鮭、鶏むね
ビタミンC:赤・黄ピーマン、ブロッコリー、キウイ、イチゴ、キャベツ、サツマイモ
ビタミンE:卵、アーモンド、オリーブオイル、アボカド、大豆、うなぎ  など

毛髪のほとんどはケラチンと呼ばれるタンパク質でできており、さらにケラチンの多くはアミノ酸で合成されるため、タンパク質とアミノ酸を同時に摂ることが大切です。

タンパク質とアミノ酸が含まれる食材
    鶏もも肉、鶏むね肉、牛肉(赤身)、あじ、さば、豚肩ロース、納豆、鮭、ぶり、チーズ など

また亜鉛はミネラルの一種で、毛髪の主な成分となっているケラチンの生成に必要な栄養素で、健康な毛髪を育てるために必要です。

亜鉛が多く含まれる食材
    牡蠣、するめ、豚レバー、卵、チーズ、タラバガニ、納豆、えんどう豆、切り干し大根、アーモンド、高野豆腐、落花生  など

以上の栄養素を中心に普段の食事に意識してバランスよく取り入れることが大切です。

なかなか難しいという方はサプリメントなどを併用してもよいでしょう。

若ハゲの対策・改善方法②十分な睡眠を取る

若ハゲになる原因には睡眠不足もあげられるため、普段から十分な睡眠をとることが大切です。

睡眠は成長ホルモンが多く分泌され新陳代謝や体内の修復を行うための必要な時間でもありますが、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が減少し毛髪の成長がうまく行われず、抜け毛や薄毛の原因に繋がります。また睡眠不足は自律神経の乱れにも繋がり、新陳代謝を低下させ血行不良などを起こします。

これらは体の不調だけでなく毛髪の成長にも影響を招くため、改善することが望ましいです。

睡眠時間は毎日最低でも5時間~7時間とり、また起床時間と就寝時間は決まった時間にするようにしましょう。

若ハゲの対策・改善方法③ストレスを解消する

若ハゲの原因にはストレスも関係しています。

ストレスは自律神経を乱れさせてしまい血行不良を招き、頭皮や毛髪に十分な栄養が運ばれにくくなってしまうことで、毛髪の成長がうまく行われずに薄毛に繋がります。

また慢性的なストレスは不眠を招き睡眠の質を低下させる原因にもなるため、ストレスを解消することは必要でしょう。

長めの入浴や体を動かす運動などもストレス解消になりますが、人それぞれのストレス発散方法を行い、定期的にストレスを解消することは大切です。

若ハゲの対策・改善方法④正しいシャンプーを行う

間違ったヘアケアは頭皮環境を悪化させ若ハゲを進行させる要因になります。

頭皮に汚れが残っていたり、洗いすぎによる乾燥などは、頭皮のべたつきや皮脂を過剰に分泌させたり血行不良が起こることで毛髪の成長を阻害してしまうため、汚れをしっかり落とし頭皮を清潔に保つことが大切です。

正しいシャンプーの方法は、シャンプー前の予洗いは2~3分ほどの時間をかけて行います。これによりある程度の汚れが流れ、しっかり濡らすことでシャンプーの泡立ちがよくなります。シャンプーは髪で空気を含むように泡立て、爪を立てずに指の腹を使って頭皮をしっかり洗いましょう。シャンプーを流す際には洗った時間の倍の時間をかけて泡がなくなるまでしっかり流します。

また、シャンプーの際に頭皮マッサージを行うのもよいでしょう。マッサージによって頭皮が柔らかくなり血行もよくなるため、シャンプーの際に行うのもおすすめです。

普段のシャンプーをこれらの方法に変えるだけで、頭皮が清潔に保たれ毛髪が育ちやすい頭皮環境が整うので、間違っていると感じた方は試してみてください。

編集部から一言

これらの方法はあくまで生活週間の乱れやストレス、間違ったシャンプーなどが原因の抜け毛・薄毛に対しての対策・改善方法です。
AGA(男性型脱毛症)が原因の若ハゲの場合には、上記の対策方法を行っても改善が見込めないため、治療を視野に検討してみるとよいでしょう。
AGAは早めの対策・治療で改善が見込めるので、進行を抑えたい方は病院やクリニックで、薄毛の状態に応じた治療を受けることが大切です。

>>若ハゲの治療がオンラインで行えるクリニックフォアの公式サイトはこちら

若ハゲに合うおすすめの髪型とファッション

では最後に、若ハゲに合うおすすめの髪型とファッションをご紹介します。

髪型に迷っている、服装はどうしたらいいのか分からないという方は参考にしてください。

若ハゲに合うおすすめの髪型

若ハゲが気になって髪型に迷うという方は多いと思いますが、無理に隠そうとすると薄毛の部分が目立ってしまうため、髪型は短髪がおすすめです。

おすすめの髪型
  • 坊主
  • ソフトモヒカン
  • ツーブロックショート
  • オールバック
  • ショートレイヤー

長めの髪型にすると長い部分と薄い部分の差がでてしまい、余計に目立たせてしまうため、薄毛の部分と差がないよう短くカットしてもらうとよいでしょう。

ソフトモヒカンやショートレイヤー、ツーブロックショートなどの短髪にして、ワックスなどでヘアセットをすると若ハゲを目立ちにくくできます。

また最近ではカット方法が工夫されたおしゃれ坊主も流行しており、見た目がおしゃれに見えることで若ハゲに悩む方でも挑戦しやすいヘアスタイルとなっています。

髪が長いと不潔な印象を与えてしまうため、薄毛が気になる人は思い切って短くすることで清潔感がでて印象が良くなるので、チャレンジしてみてください。

若ハゲに合うファッション

若ハゲに合うファッションは、清潔感のある服装を心がけるとよいでしょう。

最近ではオーバーサイズのファッションが流行していますが、体型によっては大きすぎる服はだらしない印象を与えてしまいます。

トップスはシャツやスマートに見えるジャケットなどを合わせ、ボトムスは細身のスラックスやスキニーですっきり見える服装がよいでしょう。

また、メガネや帽子などの小物を上手に使うのもおすすめです。

フレームが太めのメガネは目の錯覚でおでこの広さをカバーすることができます。帽子はつばのあるものを使うとよりおしゃれに見えます。

小物を使うことで目が錯覚し、若ハゲを目立ちにくくしてくれるので、ファッションの一部としてぜひ取り入れてみてください。

若ハゲの特徴と基準はどこから?原因から治療・対策方法~まとめ~

若ハゲは10代20代30代で起こる薄毛のことを指しますが、若ハゲの原因はいくつもあり、何気なくしている普段の生活が薄毛に繋がっていることも多くあります。

生活習慣を見直し改善することも大切ですが、AGA(男性型脱毛症)が原因の若ハゲの場合には対策を行ったとしても改善されるものではありません。

AGA(男性型脱毛症)の若ハゲの場合には、進行性の疾患のためどんな対策をとってもどんどん進んでしまう特徴があります。

以前よりも抜け毛の量や細い毛、短い毛が増えたという方は、若ハゲが進行している前兆とも言えるので、原因に思い当たる点がないまたは色々試してみたが改善されないという人は、AGA治療を検討してみるのもよいでしょう。

クリニックや病院によっては取り扱っている治療薬や治療法の種類は異なりますが、多くの治療薬・治療法を取り扱うところでは、現在の薄毛の状態に応じて治療薬を提案してくれます。

ただし、病院やクリニックに足を運ぶことに抵抗があるという人は、内服薬や外用薬の投薬治療が行えるオンライン診療に対応したクリニックを選ぶのもひとつの方法でしょう。

オンライン診療に対応し抜け毛を抑える「予防プラン」初月0円

クリニックフォア

クリニックフォアでは複数種類の治療薬を取り扱い、若ハゲの進行状態に応じて治療薬を処方しています。

治療薬は単剤の処方も行いますが、目的に合わせた治療プランもあります。その中でも「予防プラン」は定期配送を希望すると初月0円、2ヶ月目以降も15%オフの3,412円(税込)の費用で治療が行えます。

治療が体に合わなかった場合には治療費用が返金される「全額返金保証制度」があるため、治療に不安がある方でも相談しやすいクリニックと言えます。

10代からのAGA治療にも対応しており、15歳以上18歳未満の方は親権者の同席または保護者への電話連絡で治療が行えるので、10代で若ハゲに悩む方も相談がしやすいでしょう。

治療薬から試してみたい、足を運ぶことに抵抗があるという方はクリニックフォアでの治療を検討してみてください。

SEARCH
キーワードで検索
PICK UP
おすすめ美容医療特集
  • 医療脱毛 医療脱毛 医療脱毛
    メンズ脱毛 メンズ脱毛 メンズ脱毛
    脱毛サロン 脱毛サロン 脱毛サロン
    AGA AGA AGA
    ED治療 ED治療 ED治療
    美容医療 美容医療 美容医療
    ピル ピル ピル
    女性の薄毛治療 女性の薄毛治療 女性の薄毛治療
    セルフ美容 セルフ美容 セルフ美容
  • RANKING
    人気記事ランキング
    もっと見る