医療ダイエットがおすすめのクリニック【オンライン有り】効果と種類別の選び方

198views
医療ダイエットがおすすめのクリニック【オンライン有り】効果と種類別の選び方

医療ダイエットは、ジムや食事制限などでダイエットをしてもなかなか結果が出ない方や、リバウンドを繰り返してしまう方におすすめの方法です。

施術方法は代表的な6種類があり、飲み薬や注射を使用するもの、脂肪を吸引・冷却するものなど様々です。

当記事では、目的に合わせた医療ダイエットの種類と料金、おすすめのクリニックの選び方が分かります。

医療ダイエットの効果と各施術の費用と副作用

医療ダイエットとは、クリニックや医療機関で行われるダイエットの総称で、メディカルダイエットや医療痩身とも呼ばれています。
エステサロンやジムなどで行われるダイエットとは異なり、資格を持つ医療従事者が医療機器や医薬品を用いて施術を行います。

医療ダイエットの種類は主に6つあり、それぞれの方法で効果と副作用が異なります。

ダイエット内服薬

リベルサス

ダイエット内服薬には様々な種類がありますが、中でも人気が高いのがGLP-1(食欲抑制剤)の飲み薬です。
オンラインの診療を行い、定期的に飲み薬を服用することで、自宅にいながらダイエット治療薬を服用できる点が魅力です。
体の内側から作用するため、太りにくい体を目指し生活習慣病の予防にも役立つことで、食欲抑制や脂肪吸収抑制に作用する医療ダイエットが人気です。

画像引用:DMMメディカルダイエット

主なダイエット内服薬の種類
飲み薬の種類 効果 薬名
食欲抑制剤 糖の代謝を促すインスリンの分泌を促進・血糖値をコントロールする リベルサス(GLP-1受容体作動薬)、サノレックスなど
脂肪吸収抑制 脂肪分解酵素リパーゼを阻害し、余分な脂肪を体内に吸収せずに体外へ排出する ゼニカルなど
糖質吸収抑制剤 糖質の消化吸収を遅らせ、食後の血糖値の上昇を抑える ジャディアンス、アカルボース、フォシーガなど
ダイエットサプリ 肥満の原因となるコルチゾールの分泌をコントロール BBXなど
医療用漢方 便秘解消、食欲抑制、脂肪燃焼、むくみ解消など体内の代謝を促す 防風通聖散、防己黄耆湯、大柴胡湯など
ダイエット内服薬の副作用

ダイエット内服薬は種類が豊富で、薬品によって異なる副作用があります。服用後に便秘、食欲の低下、吐き気や嘔吐、胃のむかつき、倦怠感などが起きる可能性があります。
服用の容量は必ず守り、発疹や息苦しさなどの症状が現れた時点ですぐにクリニックを受診する必要があります。

GLP-1注射(食欲抑制注射)

GLP-1注射(サクセンダ)

近年「痩せホルモン」などと呼ばれ話題になっているGLP-1注射は、主に人の体内に存在し、腸から分泌されるホルモンであるGLP-1の分泌量を増やす注射です。

主にインスリンの分泌を促す働きをするGLP-1は、その量が多いと食欲が抑えられて脂肪を分解しやすくなるため太りづらい体に、量が少ないと食欲が抑えられずに食べすぎてしまうため太りやすい体になります。

画像引用:TCB東京中央美容外科

国内で主流のGLP-1注射3種類
製剤名 ビクトーザ トルリシティ オゼンピック
投与方法 1日1回
朝または夕
週に1回
同一曜日
週に1回
同一曜日
内容量 18mg 0.75mg 0.25mg

GLP-1注射には毎日投与するタイプと、週に1回投与するタイプがあります。内容量が異なることや、慣れてきたら量を増やすなど、医師の指示に従って使用します。
医師の指導のもと自分で注射をすることができるため、クリニックに通わず自宅で治療することが可能です。

GLP-1注射の副作用

副作用として吐き気、胃のむかつき、倦怠感、下痢などの症状が現れる場合があります。

脂肪溶解注射

脂肪溶解注射BNLS

脂肪溶解注射は、注射で脂肪を溶かし体外に排出できる痩身治療で、皮膚の上から麻酔を塗ったあとに細い針で気になる部分に薬剤を投入します。

部分的に脂肪を除去したい方におすすめの施術で、顔への治療も可能なので、細かい部分の脂肪が気になるという方が利用しています。

脂肪溶解注射は種類が非常に多く、主流なのはBNLS注射(別名「小顔注射」)と呼ばれる治療方法です。

画像引用:湘南美容クリニック

脂肪溶解注射の主流5種類
製剤名 BNLSアルティメット カベリン チンセラプラス ファットXコア アルフォコリン
主成分 デオキシコール酸(0.02%) デオキシコール酸(0.5%) デオキシコール酸(0.8%) デオキシコール酸(1%) グリセロホスホリルコリン(GPC)
治療回数 1週間に1回ほど(2~5回) 1週間に1回ほど(6~10回) 1か月に1回ほど(4~6回) 1か月に1回ほど(3~5回) 1週間に1回ほど(4~6回)
副作用 ほぼない 少ない 痛みや腫れがある 痛みや腫れがある ほぼない
脂肪溶解注射の副作用

デオキシコール酸は脂肪に入ることで脂肪細胞の脂肪膜を破壊し、半永久的な効果が期待できますが、含有量が多いほど副作用として腫れや痛みも強くなるので注意が必要です。

脂肪冷却

クールスカルプティング

脂肪冷却は、体内の脂肪を凍らせて脂肪細胞を破壊する治療です。通常水は0度で凍り始めますが、脂肪は4度で凍り始めるので氷点が異なります。
この仕組みを利用して、体の主成分である水を温存しながら脂肪が凍る温度で皮膚を冷却し、脂肪細胞を破壊して老廃物として排出させます。

脂肪細胞を小さくするのではなく、脂肪細胞そのものを破壊するので治療後にリバウンドしにくいという特徴があります。

画像引用:湘南美容クリニック

脂肪冷却の主な機器2種類
機器名 クールスカルプティング クールテック
特徴 厚生労働省から認可を得ている機器 2か所を同時に治療できる機器
施術部位 太もも、二の腕、ひざ上、腹部、背中、大腿など あご下、二の腕、腹部、背中、大腿、ふくらはぎなど
副作用 赤み、内出血、腫れ、鈍痛、色素沈着など 赤み、内出血、ヒリヒリ感、腫れ、かゆみ、痛みなど

脂肪冷却は皮膚を切らない治療法のため、体への負担が少なく、ダウンタイムがほぼありません。
脂肪が多い部位の治療は、施術回数を重ねることがおすすめです。

脂肪冷却の副作用

施術後に患部の赤み、内出血、腫れ、鈍痛などが起きる場合があります。副作用には個人差があり、時間が経つにつれて症状はおさまります。

脂肪吸引

カニューレ

脂肪吸引は、皮膚に細い管・または注射器を挿入し、余分な皮下脂肪を取り除く治療です。顎下や二の腕、背中など痩せにくい部位の脂肪をピンポイントで落としたい方に向いています。

皮膚を数mm程度切開し、カニューレと呼ばれる細い管を挿入し、真空ポンプを通じて陰圧を作り出すことで脂肪を吸引します。
脂肪細胞を取り除くため脂肪がつきにくくなり、傷跡もわかりにくいメリットがあります。

そのほか医師の手動(シリンジ法)により脂肪吸引する方法や、注射器を用いた手軽な脂肪吸引方法があります。ベイザー派による吸引、アキーセルという機器で脂肪をほぐしながら吸引するなどと、脂肪吸引の方法は様々です。

画像引用:TCB東京中央美容外科

国内で主流の脂肪吸引の機器3種類
機器名 ベイザーリポ アキーセル ライポマティック
メリット ・デザインにこだわった高度な脂肪吸引ができる
・皮下脂肪の約90%を除去できる
・タイトニング効果がある
・周辺組織へのダメージが低い
・脂肪注入に適した脂肪を採取できる
・熱による炎症を防げる
・一度に広範囲の量を多く取ることができる
デメリット 医師の技術によって効果が異なる きめ細やかな吸引が難しい きめ細やかな吸引が難しい
脂肪吸引の副作用

副作用として傷跡が残ることや、傷跡から細菌が入り込むと化膿してしまう可能性があります。また、丁寧に脂肪吸引を行わないと表面がボコボコになってしまうこともあります。
そのほかにも、血種や神経異常、腹膜損傷などの副作用も確認されています。

医療EMS(脂肪燃焼・筋肉増強)

医療EMS

医療EMSは、電気的な刺激を筋肉に与えて強制的に収縮させて筋力アップを図る治療です。
自然と筋肉の活性化を促し、運動したときと同等の効果が得られるマシンです。

体外から高周波の電気を流し、強制的に筋肉を動かすので、運動しないで基礎代謝を上げたい、脂肪を燃焼させたいという方に向いています。

施術中にビリビリした感じや、くすぐったさを感じることもありますが、徐々に慣れていきます。
お腹周りにシートを貼り付けて30分間寝ているだけなので、簡単に筋肉を鍛えられるのが特徴です。

画像引用:MET BEAUTY CLINIC

医療EMSの副作用

筋肉痛や筋肉疲労が起こる可能性はありますが、それ以外に副作用はほぼなく、手軽に行える医療ダイエットです。

6種類の医療ダイエット方法と施術別メリット・デメリット

医療ダイエットの種類とおすすめの人
代表的な医療ダイエット方法6種類
ダイエット
内服薬
GLP-1注射
(食欲抑制注射)
脂肪溶解注射 脂肪冷却 脂肪吸引 医療EMS
リベルサス GLP-1注射(サクセンダ) 脂肪溶解注射BNLS クールスカルプティング カニューレ 医療EMS
費用相場 1ヶ月
5,000~30,000円程度
※薬やプランにより異なる
1本あたり
30,000~40,000円程度
※1ヶ月で2本が目安
1ccあたり
2,000~10,000円程度
※顔1ヵ所で2~5cc
片方の二の腕で10~20ccが目安
1部位あたり
30,000~50,000円程度
※1回の施術で脂肪量20%減少が目安
1部位あたり
45,000~300,000円程度
※部位や手法により異なる
1回あたり
15,000円~70,000円程度
※週1~2回ペースが目安
メリット ・手軽に行える
・オンライン治療で処方してらえることが多い
・ダイエットの成功率が高い
・自宅で行えるのでクリニックに通う必要がない
・麻酔なしで気になる部分にピンポイントで施術ができる
・皮膚に傷が残らない
・部分痩せが叶う
・リバウンドしにくい
・何年経ってもリバウンドする心配が少ない
・部分痩せが叶う
・運動ができない人も筋力トレーニングができる
・効率的な運動をサポートする
デメリット ・副作用が起こる可能性もある
・連続服用できないものもある
・人によっては吐き気、便秘、低血糖、胸やけ、下痢などが起こるケースもある ・注入箇所が腫れたり内出血することがある
・脂肪が多すぎると施術ができない
・数回の施術が必要
・すぐに効果を感じにくいい
・施術中に冷たさを感じることがある
・数回施術を行う必要があるケースもある
・医師の技術力が求められる
・拘縮による痛みが生じる場合がある
・使用中にビリビリ感が生じることがある
・筋肉痛のようなだるさを感じることがある
こんな人におすすめ オンライン処方で医療ダイエットを始めてみたい方 自宅で手軽にダイエットをしたい方 顔や二の腕など部分痩せがしたい方 安全に脂肪を破壊したい方 確実に脂肪を取り除きたい方 運動せずに筋肉を鍛えたい方
手軽な内服薬やGLP-1注射が人気

医療ダイエットのなかでもダイエット内服薬やGLP-1注射は、自宅で治療できてクリニックに通う必要がなく手軽なダイエットとして人気です。

また、いくつかのダイエット方法を組み合わせて全身痩身を目指す方も多くいます。
クリニックごとにコースや手段が異なるため、自分に合う医療ダイエットの方法を試してみましょう。

施術プランはこれ!医療ダイエットがおすすめクリニック

主に6つの医療ダイエットの方法から、各クリニックで取り扱いのある治療方法を紹介します。
ダイエットの目的に合わせた治療方法でクリニックを選んでみましょう。

部分痩せならココ!1日脂肪取りプランが人気

品川スキンクリニック
品川スキンクリニックのポイント
  • 脂肪細胞の数を減少させる1日脂肪取りプラン
  • 顔痩せのメニューが豊富
  • 納得いくまでカウンセリングを無料で受けられる
施術 料金(税込)
1日脂肪取り エバースリム 1ccあたり1,980円
脂肪冷却 クールスカルプティング:29,800円
小顔、顔痩せ 1日脂肪取り顔痩せ:1,980円
プチ小顔術:1,620円
コアトックス:6,930円
ボトックス:9,410円
ヒアルロン酸注入:19,440円
脂肪吸引(顔) プレミアム脂肪吸引:77,990円
とことん脂肪吸引:179,990円
ベイザー脂肪吸引:289,990円
ダイエット治療薬 食欲抑制薬:1,100円
脂肪吸収抑制薬:330円
ダイエットサプリメント コルム:9,720円
BBX:13,860円

品川スキンクリニックでは、脂肪溶解注射「エバースリム」を用いた1日脂肪取りプログラムの施術が受けられます。
腫れ・痛みを抑えた脂肪取りは、皮下脂肪の多いお腹・太もも・背中・腰などの反応が良好で、治療後もスリム体型を維持するためのプログラムです。

また品川スキンクリニックはカウンセリングを何度受けても無料です。そのため、自分に合った施術を納得いくまでカウンセリングで相談することができます。

品川スキンクリニックの医院情報
営業時間 10:00~20:00
医院数 38院
初回カウンセリング 無料
※当日施術OK(一部例外あり)

手軽に注射のみで小顔の脂肪を取り除く!

TCB東京中央美容外科
TCBのポイント
  • 脂肪溶解注射「BNLSアルティメット」が人気
  • 食事指導なども行う全身ダイエットプランがある
  • 手軽な部分痩せ・しっかり全身痩せメニューが取り揃う
施術 料金(税込)
脂肪溶解注射メニュー BNLSアルティメット:1,980円~
VFDI脂肪溶解注射:2,980円~
MITI:30,400円~
ダイエット注射 メソラインスリム:9,990円~
VFDI人参注射:3,980円~
ダイエットスカルプト 29,800円~
GLP-1ダイエット 49,800円~
Dr.’sダイエット【医療全身ダイエット】 201,700円

TCBは、脂肪溶解注射「BNLSアルティメット」が施術できること注目を集めています。

BNLSアルティメットは、注射を打つことで脂肪を分解し、翌日から通常の生活を送ることができる手軽な医療ダイエット方法。
額、こめかみ、頬骨、フェイスライン、アゴ下…というように顔の部位でも細かく施術部位を指定でき、理想の小顔をデザインすることができます。

また、TCBでは医師による食事指導や管理などとともに、ダイエット内服薬を使用しながらAIによる解析技術を取り入れた管理ツールを取り入れています。
Dr.’sダイエットとして全身ダイエットのプログラムもあり、部分痩せ・全身痩せのどちらの希望にも適したメニューが豊富。
ストレスなく、リバウンドもしづらい医療ダイエットで、本当に自分に合う治療を選べるクリニックです。

TCB東京中央美容外科の医院情報
営業時間 10:00~19:00
医院数 77院
初回カウンセリング 無料
※当日施術OK(一部例外あり)

オンライン処方で自宅にいながら診察を受けられる!

DMMメディカルダイエット
DMMオンラインクリニックのポイント
  • 診察料0円でオンライン診療が受けられる
  • 注射や脂肪吸引が怖い方でも利用しやすい
  • お試しプランありで手軽に始められる
施術 料金(税込)
メディカルダイエット3mgプラン 1ヶ月分:10,000円
3ヶ月分:28,500円
脂肪燃焼プラン選べる医療用漢方 お試し(15日分):2,950円
1ヶ月分:5,900円
3ヶ月分:16,816円
糖質カットプラン お試し(15日分):9,000円
1ヶ月分:18,000円
3ヶ月分:51,301円
脂肪吸収抑制プラン お試し(15日分):3,725円
1ヶ月分:7,448円
3ヶ月分:21,227円
薬の配送料 500円
定期配送可能

DMMオンラインクリニックは初診・再診ともに0円でオンライン診療が受けられるのが特徴で、スマホ1つで家にいながら薬を処方してもらえます。

経口GLP-1受容体作動薬であるリベルサス錠を取り扱っており、飲み薬で気軽にGLP-1ダイエットを始めることができます。1ヶ月分が通常料金よりお得になる定額プランのほか、15日分処方のお試しプランも用意されているのも魅力です。

注射や脂肪吸引などの施術に不安がある方や初めて医療ダイエットに挑戦する方におすすめです。

DMMオンラインクリニックの医院情報
営業時間 オンライン診療時間
月〜金 8:00〜22:00
土日祝 8:00〜21:00
医院数 オンラインクリニックのため医院なし
※提携院 新六本木クリニック、DMC大阪クリニック
初回カウンセリング 無料
医師による診察→初診・再診0円

術後からメイク可能!湘南美容のBNLS小顔注射

湘南美容クリニック
湘南美容クリニックのポイント
  • 顔の脂肪溶解注射が1,980円~
  • 2回目以降も同じ料金で小顔注射ができる
  • 医療ダイエットの痩身メニューが豊富
施術 料金(税込)
脂肪溶解注射 BNLSアルティメット:1,980円
MITI:14,900円
ダイエット注射 プロショックシェイプ:24,800円
山参注射:17,800円
医療痩身マシン クールスカルプティング:29,800円
トゥルースカルプiD:35,000円
脂肪溶解リニアHIFU:31,000円
スカルプシュアー:15,270円
トゥルースカルプflex:29,800円
ヴァンキッシュME:19,800円
※一部の院のみで取り扱っている機種もあります。
GLP-1 サクセンダ:24,800円
ダイエット治療薬 食欲抑制剤:550円
アカルボース:210円
ゼチーア:840円
ダイエットサプリ コルム:9,000円

湘南美容クリニックでは、医療痩身専門院として六本木院を開院しています
脂肪冷却、GLP-1、脂肪溶解注射の他にも、さまざまなマシンを用意しているため、費用面での相談もしやすいのが特徴です。

六本木院以外でも痩身治療は受けられ、どの院も駅から近い場所にあるため通いやすく、治療が続けやすい環境です。

湘南美容クリニックの医院情報
営業時間 10:00~19:00
※院によって異なる
医院数 日本、海外117院展開
初回カウンセリング 無料
※当日施術可能(一部例外あり)

脂肪吸引で高度な技術を実現

THE CLINIC
THE CLINICのポイント
  • ベイザーリポを用いた脂肪吸引が可能
  • モニター制度がある
  • カウンセリングでマーキング体験ができる
施術 料金(税込)
脂肪吸引 基本セット:55,000円
二の腕(両側):297,000円
下腹部:297,000円
太もも前面から内側(両脚):297,000円
BNLSアルティメット注射 1cc:8,800円

THE CLINICは脂肪吸引の症例が15,700件以上(2022年9月現在)あり、技術力が高い医師が在籍しているのが特徴です。

手術前に4Dマーキングをすることで、仕上がりのイメージを持ちやすく、カウンセリングでも希望すれば4Dマーキングを体験できます。

機器はベイザーリポを使用していて、開発メーカーから医療関係者に向けた技術指導セミナーの実施を依頼されるなど、技術力の高さを持ち味としたクリニックです。

THE CLINICの医院情報
営業時間 10:00~19:00
医院数 5院
初回カウンセリング 無料
※当日施術OK(一部例外あり)

治療を比較したい方におすすめ!

東京美容外科
東京美容外科のポイント
  • 目的によってさまざまな治療から選べる
  • 体質改善ができる
  • 脂肪吸引の種類が豊富
施術 料金(税込)
小顔施術 エラボトックス 50単位:35,000円
バッファルカット 両側:330,000円
脂肪溶解注射 BNLSアルティメット:8,800円
BNLSネオ:8,800円
BNLS:5,300円
ファットエックス:16,500円
脂肪吸引 ベイザー:308,000~968,000円
ライポマティック:308,000~968,000円
マイクロエアー:308,000~968,000円
シリンジ法:220,000~880,000円
GLP-1 サクセンダ1本:35,000円
リベルサス(飲み薬)3mg:600円
リベルサス(飲み薬)7mg:1,200円
ダイエットサプリ コルム:11,000円
BBX:9,983円
サノレックス1錠:880円

東京美容外科では、皮下脂肪の約90%を除去するベイザー脂肪吸引が可能です。
部位1ヵ所あたり平均30万円と安くはない施術ですが、お腹や背中、顔、太ももなど大量の脂肪を除去したい方に向いている施術です。

さらに術後を保証するアフターサービス制度を設けているため、万が一のトラブルにもすばやく対応します。
小顔になりたい、筋肉のラインを強調したい、術後の皮ふのたるみ予防をしたい方におすすめです。

東京美容外科の医院情報
営業時間 10:00~19:00
医院数 18院
初回カウンセリング 無料
※当日施術OK(一部例外あり)

話題の脂肪冷却をお得に!

レジーナクリニックリボディ脂肪冷却
リボディのポイント
  • 脂肪冷却がお得に受けられる
  • 顔にも体にも対応可能
  • 構成老土性に承認されているクールスカルプティングを使用
施術 料金(税込)
脂肪冷却 クールスカルプティング1部位:28,800円

レジーナクリニック リボディでは、厚生労働省の認可を得ているクールスカルプティングを使用した医療ダイエットを提供しています。

2台同時施術が可能なので、時間が短縮できることや、顔と体を同時に施術することもできます

短期間で効果を感じられるため、費用面でもジムやエステに行くよりもお得にダイエットを行えるのが特徴です。

レジーナクリニック リボディの医院情報
営業時間 月~金:12:00~21:00
土日祝日:11:00~20:00
医院数 1院
初回カウンセリング 無料

医療ファスティングで体内環境をリセット!

シロノクリニック断食プログラム
シロノクリニックのポイント
  • メディカル断食(ファスティング)ができる
  • 肥満遺伝子検査ができる
  • オンライン治療ができる
施術 料金(税込)
GLP-1ホルモン療法 1本:39,800円
メディカル断食 17日間:46,980円
脂肪溶解注射 BNLS顔:33,000~110,000円
BNLSボディ:55,000~110,000円
肥満遺伝子検査 1回:11,000円
ダイエット治療薬 サノレックス:16,500円
ゼニカル:8,250円
防風通聖散:4,950円
防己黄耆湯:4,950円

シロノクリニックでは、医師の指導のもとメディカルファスティングが行えます
ダイエット目的だけではなく乱れた体内環境をリセットできます。

また、肥満遺伝子検査ができるため、太る原因やどこに脂肪がつきやすい体質なのかなど、さまざまな項目を理解し、自分に合ったダイエットを実施できます。

薬だけが欲しいという方は、オンライン治療も行っているため、オンラインで医師と面談することで、ダイエット治療薬やGLP-1治療薬を送付してもらえます。

シロノクリニックの医院情報
営業時間 9:00~19:00
医院数 4院
初回カウンセリング 3,300円

オーダーメイドのダイエット治療が受けられる

ファイヤークリニックのポイント
  • 痩身専用のクリニック
  • オンライン診療が可能
  • 医療EMSを受けることができる
施術 料金(税込)
食事療法 11,000円
EMS 77,000円
脂肪溶解注射 カベリン:4,400円
ダイエット薬 注射型GLP-1(サクセンダ):17,800円
内服型:11,000円

ファイヤークリニックでは、ダイエット薬、痩身施術、コーチングを組み合わせることで、一人ひとりに合ったダイエットを提案してくれる、痩身専用のクリニックです。

薬だけが欲しいという方には、オンラインでの診療によってクリニックに通うことなく薬を処方してもらえます。
EMS治療も行えるため、自分に合ったダイエットができるのが特徴です。

ファイヤークリニックの医院情報
営業時間 10:00~19:00
医院数 3院
初回カウンセリング 無料
※当日施術OK(一部例外あり)

医療ダイエットをしながら食事指導も受けられる!

ディオクリニックのポイント
  • 医療ダイエットの専用クリニックで根本的な改善ができる
  • 体向けの施術と顔向けの施術が豊富
  • 食事指導を受けられる
施術 料金(税込)
EMS 医療直流EMS:33,000円
医療電磁場EMS:44,000円
脂肪冷却 55,000円
医療ハイフ 顔:38,500円
ボディ:88,000円
医療ラジオ波 19,250円
脂肪溶解注射 デオリポ:
ボディメイクプログラム 424,160円

医療ダイエット専門のクリニックであるディオクリニックは、EMSや脂肪冷却、ラジオ波などさまざまな医療ダイエットの機器が用意されています

顔向けの施術と体向けの施術、その両方など、個人に合わせてオーダーメイドの施術が可能です。

食事指導も受けられるので、効率的なダイエットが期待できます。

ディオクリニックの医院情報
営業時間 10:00~20:00
医院数 9院
初回カウンセリング 無料
※当日施術OK(一部例外あり)

初回トライアルコースでお試しができる

銀座よしえクリニックのポイント
  • 痩身お試しプランがある
  • さまざまな機器の中から治療が選択できる
  • オーダーメイドの痩身メニューを提案してくれる
施術 料金(税込)
医療痩身プログラム お試しプラン:16,500円
オーダーメイドお試しプラン:33,000円
1か月集中スターターコース:92,180円
脂肪溶解注射 BNLSアルティメット:6,600円
ネオベラ:8,000円
GLP-1 内服7日分:22,000円
注射1本:22,000円
脂肪冷却 クールテック:49,500~88,000円
クールスカルプRE:44,000~77,000円

銀座よしえクリニックでは、自分の肥満タイプを遺伝子検査で確認し、それぞれの患者さんに合ったオーダーメイドの治療を提案してくれます

お試しプランも用意されているので、医療ダイエットがどのようなものなのか体験したいという方におすすめのクリニックです。

銀座よしえクリニックの医院情報
営業時間 月~金:10:00~19:00
土日祝日:10:00~18:00
(14:00~15:00休診)
医院数 7院
初回カウンセリング 3,000円
※当日施術OK(当日施術となった場合はカウンセリング代無料)

医療ダイエットの種類を選ぶポイント

医療ダイエットも種類が豊富なので、ここではどのように医療ダイエットの種類を選ぶべきかをご紹介します。

  1. 1 目的をはっきりさせる

医療ダイエットをする際は、目的をはっきりさせて、それに合わせた施術を選択することが重要です。
以下は、目的別のおすすめの施術例です。

  • 食事制限をしたくない……GLP-1注射やダイエット薬の服用
  • 部分痩せをしたい……脂肪冷却、脂肪溶解注射、脂肪吸引
  • リバウンドせずにダウンタイムが少ない方法が良い……脂肪冷却、GLP-1注射、ダイエット薬の服用

このように、全体的に痩せたいのか、部分痩せがしたいのかによっても選ぶ施術は異なります。
食事制限や運動をせずに痩せられるのが医療ダイエットのメリットですが、暴飲暴食をしていては効果がなかなか現れません。

ある程度の食事のコントロールをするためには、食事指導がついているクリニックを選ぶのもおすすめです。

  1. 2 予算から選ぶ

医療ダイエットを専門に扱っているクリニックの中には「月額8,000円! 」などと謳っているクリニックも存在しますが、数百万円する治療の分割料金だということもあります。

月額料金ではなく、単体の治療でいくらかかるのかを把握し、コース料金などがあればそれは適切な料金であるかを必ず確認しましょう。
その上で、自分の予算に合わせて治療内容を選ぶことが必要となります。

たとえば、GLP-1注射よりもGLP-1経口薬の方が安価である場合もあるため、まずは経口薬から試してみるというのもおすすめです。

効果が上がるにつれて料金も上がっていくものですが、予算を超えてしまうような場合は無理に医療ローンなどを組まずに予算内でおさまるよう検討してみましょう。

保険適用される?医療ダイエットでよくある質問

最後に、医療ダイエットに関するQ&Aをご紹介します。

保険適用される場合はありますか?

保険適用となる場合もありますが、クリニックによって自由診療のみを行っていることも多いので、詳しくはクリニックに問い合わせをしてみましょう。
肥満外来として保険適用になる条件は以下です。(BMI=体重(kg)÷身長(m)÷身長(m))

・BMIが35以上の高度肥満
・BMIが25以上で肥満が関係する病気を患っている
・BMIが25以上で内臓脂肪の蓄積がみられる

脂肪吸引や脂肪溶解注射などは保険適用とならず、自由診療となります。

モニターになるにはどうしたらいいですか?

クリニックによっては、モニターを募集していることがあり、モニター価格で施術が受けられます。
モニターになるには、クリニックのホームページから申し込むか、カウンセリング時にモニター希望であることを伝えるようにしましょう。

医療ダイエットと痩身エステの違いはなんですか?

医療ダイエットと痩身エステの大きな違いは、医療機器を扱っているかどうかです。
エステサロンでも脂肪冷却ができる機器を取り扱っている場合がありますが、医療機関で取り扱っている機器とは効果に差があります。

さらに、万が一トラブルが生じた場合にエステサロンでは医師が対応できないため、医療ダイエットとして医師の監修がある方が安心感があります。
他にも、エステサロンは継続して
通い続ける必要があるため、思った以上に費用がかかってしまうケースもあります。

医療ダイエット中に運動は必要ですか?

医療ダイエット中は、運動をしなくてもダイエット効果を感じられますが、適度な有酸素運動を取り入れるとより高い効果を感じられます
痩せるために運動をするという必要はないので、20~30分ウォーキングをするなど、運動不足を解消する程度の気持ちで取り組むと良いでしょう。

しかし、出来る限り規則正しい生活をする必要があります。暴飲暴食を避け、医師に指示された時間以降は食事を摂らない、しっかり睡眠をとるなど、生活習慣には気を付けましょう。

医療ダイエットはリバウンドをしないというのは本当ですか?

医療ダイエットはリバウンドしにくいダイエットです
肥満の原因は、脂肪細胞が大きくなってしまうことですが、通常のダイエットではこの脂肪細胞を小さくすることしかできません。

しかし、医療ダイエットは肥満の原因となっている脂肪細胞自体を溶かして血中に吸収させ、老廃物として排出させます。
そのため、脂肪細胞の数を根本から減らし、ダイエットを成功に導くのです。しかし、脂肪細胞の数が減ったからといって油断をして暴飲暴食をしてしまうと再度太ってしまうこともあるため注意しましょう。

医療ダイエットで無理なく理想の体型へ!

医療ダイエットは、医療の技術でリバウンドしにくく効率的に理想の体を手に入れるダイエット手法。
さまざまな施術方法が存在しますが、自分がどの医療ダイエットの施術を受けるべきかわからないという方は、まずはカウンセリングで現状を把握し適切な施術方法を医師と相談することがスタートです。

自分のダイエットに対する目的をはっきりさせ、目的に合った医療ダイエットを行うようにしましょう。

※当記事の表示価格はすべて税込です。
※施術は公的医療保険が適用されない自由診療です。

SEARCH
キーワードで検索
PICK UP
おすすめ美容医療特集
  • 医療脱毛 医療脱毛 医療脱毛
    メンズ脱毛 メンズ脱毛 メンズ脱毛
    脱毛サロン 脱毛サロン 脱毛サロン
    AGA AGA AGA治療
    ED治療 ED治療 ED治療
    美容医療 美容医療 美容医療
    ピル ピル ピル
    女性の薄毛治療 女性の薄毛治療 女性の薄毛治療
    セルフ美容 セルフ美容 セルフ美容
  • RANKING
    人気記事ランキング
    もっと見る