SEARCH
キーワードで検索
PICK UP
おすすめ美容医療特集
  • 医療脱毛 医療脱毛 医療脱毛
    メンズ脱毛 メンズ脱毛 メンズ脱毛
    脱毛サロン 脱毛サロン 脱毛サロン
    AGA AGA AGA
    美容医療 美容医療 美容医療
    セルフ美容 セルフ美容 セルフ美容
  • RANKING
    人気記事ランキング
    もっと見る

    ソプラノアイス・プラチナムの特徴は?メリットも併せて紹介!

    16,777views

    医療レーザー脱毛機であるソプラノアイス・プラチナムは、これまでのレーザーに比べて対応幅が広いこと照射エネルギーを抑えられます。

    ソプラノアイス・プラチナムはどうなの?ソプラノアイス・プラチナムの特徴やメリット・デメリットを徹底検証しました!

    どんな脱毛機?ソプラノアイス・プラチナムの特徴

    医療レーザー脱毛機であるソプラノアイス・プラチナムの特徴を解説します。

    ソプラノアイス・プラチナム

    引用:Alma Lasers

    照射方式 蓄熱式(SHR方式)
    出力 10ジュール

    ソプラノアイス・プラチナムは、蓄熱式と呼ばれる、熱を肌の下に溜めることで毛包を破壊する医療レーザー脱毛機です。

    高出力のレーザーを当てて一気に照射するのではなく、低出力の照射を細かく続けるような方法が特徴的です。

    ソプラノアイス・プラチナムから出るレーザーは、3種類の波長を組み合わせたものです。つまり、肌の浅い部分や奥深くの部分など、複数の層に熱を送り込むことができるため、どの層の毛包にも届きやすくなります。

    ソプラノアイス・プラチナムのメリットを紹介!

    従来のレーザー脱毛といえば、メラニン色素に反応して毛を再生する細胞を毛根から破壊することが一般的でした。

    そんな中、毛包をターゲットにしているということも、ソプラノアイス・プラチナムがほかの医療レーザー脱毛機とは違う点でしょう。

    では具体的にどんなメリットがあるのかを見ていきましょう。

    少ない照射エネルギーと冷却装置

    医療レーザー脱毛といえば、痛みを伴うというのが一般的なイメージです。痛みの原因は高出力のレーザーを肌に当てるからであり、熱での火傷といったリスクもあります。

    しかし、ソプラノアイス・プラチナムの場合は、弱い照射を行う蓄熱脱毛方式を採用し、また冷却装置もついており、肌へのダメージが少ないようにしています。

    肌の色に関係なく施術できる

    メラニン色素に反応するタイプのレーザーでは、肌の黒ずみが目立つ人や日焼けしている人には施術できない場合がありました。メラニン色素に反応しすぎて火傷や炎症といった肌トラブルの可能性があるからです。

    ソプラノアイス・プラチナムの場合は、メラニン色素ではなく毛包に反応してレーザーを照射します。そのため、肌の色に関係なく施術することができるのです。

    ※スキントーンの黒さや、日焼けの炎症が強い方は、医師の診察により施術を受けられない場合もあります。
    肌に与える熱量を調整できる

    蓄熱式のものは、連続して熱を肌に与えることもあり、痛みを伴ったり炎症したりしてしまうことがあります。

    しかしながらソプラノアイス・プラチナムは熱量を計測することができるため、肌に与えるダメージを調整することが可能となっています。肌に熱を与えすぎた場合は調整して、肌へのダメージを抑えるようにします。

    効果や痛みは?ソプラノアイス・プラチナムのデメリット

    ソプラノアイス・プラチナムにはいくつかデメリットもあるため、注意が必要になります。

    ここではそのデメリットを紹介します。

    実績が少ない

    まだ実際に施術をおこなっている実績やクリニックが比較的少なく、従来のレーザー脱毛ほどに評価もされていなかったり、口コミが少なかったりということがあります。

    痛みが全く無いというわけではない

    ソプラノアイス・プラチナムは100%痛みがないということはありません。VIOは痛みを感じやすいという声もあるため、少しは痛みがあるということを覚えておきましょう。

    出力が弱い

    一度にぽろぽろと毛が落ちてくる様な、目に見えてすぐに結果が出るといったことは少ないとされています。低出力のレーザーを繰り返し出力していくため、他のレーザー脱毛機よりも毛が抜けるのに時間がかかります

    ソプラノアイス・プラチナムで脱毛をするなら検討して!

    ソプラノアイス・プラチナムはレーザーの出力を抑えることで、肌へのダメージも軽減できることから、肌の状態が悪くほかのレーザーでは施術ができなかった人でも使用できる場合があります。

    ただし、ほかの医療レーザー脱毛機に比べると少々施術料金が高いということもあるので、予算や自分の希望を検討しながら決めるとよいでしょう。