シミ取りレーザーのおすすめクリニック!料金や回数は?シミの種類で選ぶ治療法

25,017views
シミ取りレーザーのおすすめクリニック!料金や回数は?シミの種類で選ぶ治療法

クリニックで顔のシミ取りレーザーをしたい!
…けれど、

・レーザーの種類がありすぎて選べない
・自分のシミには何が効果的なのかわからない
・実際の費用がいくらなのか明確じゃない
・何回クリニックへ通えばシミがキレイになるのか…

こんな疑問を抱えたまま、今日もシミを放置してしまっているあなたは必見です。

当記事では、シミの悩みに合ったシミ取りレーザーの種類、料金、回数などをクリニック別一覧にしました。

今あるシミを一日でも早くキレイにするために、クリニックのおすすめ情報をチェック!迷わず選べるシミ取りのコツをお伝えします。

シミ取りレーザーの基本!施術の効果や料金の相場

シミ取りレーザーの施術効果や料金

クリニックで行われるシミ取りレーザー治療とは、シミが気になる箇所にレーザーを照射することにより、シミの原因となるメラニン色素を破壊する施術です。

シミ取りレーザーの特徴と効果
得られる効果 メラニン色素を破壊した箇所は、1週間程度でかさぶたになり剥がれ落ちる
その後、3~6ヶ月程度で徐々にシミが薄くなる
施術時間の目安 1回の施術あたり約15分~30分
料金相場 シミタイプや範囲により5,000~100,000円以上と幅がある。
ダウンタイム 平均1~2週間程度
※レーザー機器により異なる
持続期間 レーザーの照射箇所は半永久的にシミが除去されるが、紫外線やホルモンバランスの乱れで新たなシミができる可能性はある
おすすめな人 濃いシミがあり内服薬や外用薬では改善が見込めない方
そばかすやニキビ跡が色素沈着している方
肝斑(かんぱん)があり広範囲の施術をしたい方
施術のリスク・副作用 ・施術後は患部の腫れ・赤み・痒み・痛みの可能性
・色素沈着を起こさないために患部の日焼けや摩擦を避ける
施術後のメイク 1週間程度患部へのメイクを避ける
・ピコレーザーは施術直後からメイク可能
※施術後に軟膏の処方と保護テープを貼る
施術後のシャワー/洗顔/洗髪/入浴 普段通りで問題ないが、患部は強くこすらないこと
※肝斑(かんぱん)とは、顔の左右対称に広がるぼやけたシミ。

3つの主流レーザー機器とシミの種類別で選ぶ施術方法

シミの悩み別レーザー機器の効果

クリニック選びの前に、現在の美容クリニックで主流となっているレーザーの種類と、それぞれが持つ特徴を理解したうえで、自身のシミタイプにあった施術方法を選ぶことが重要です。

現在主流のシミ治療用レーザーは3種類

シミ取りレーザーの種類は豊富にあり、クリニックによって導入しているレーザー機器が異なります。
基本的にクリニックのシミ取り施術向けに導入されているレーザー機器は、以下の3種類です。

  • ピコレーザー
  • Qスイッチヤグレーザー
  • Qスイッチルビーレーザー

ピコレーザーの特徴
ピコレーザー

多くのクリニックが導入しているピコレーザーは、肌に照射する時間が従来のナノ秒より短縮してピコ秒でレーザーを当てられる機械です。

照射時間がこれまでの10億分の1から1兆分の1と非常に早くなっており、熱エネルギーではなく衝撃波で破壊することで、肌への負担を抑えながら治療することができます。

画像引用:品川美容外科

ピコレーザーの施術後・ダウンタイム

痛みやダウンタイムがほとんどなく、施術後はメイクで隠せる程度の赤みが残ります。照射後の保護テープを必要としない場合もあります。


Qスイッチヤグレーザーの特徴
Qスイッチヤグレーザー

Qスイッチヤグレーザーは熱によってメラニン色素を壊すもので、赤い色素にも反応するためアザやアートメイクにも効果が期待できます。

2種類の波長を使いわけることができ、色素の深さに合わせながらシミやホクロなどの気になる部分にアプローチします。

画像引用:品川美容外科

Qスイッチヤグレーザーの施術後・ダウンタイム

ダウンタイムは1~2週間で、患部に軟膏を塗りガーゼやテープでの保護が必要です。患部のメイクは10日後程度から可能です。


Qスイッチルビーレーザーの特徴
Qスイッチルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーは1960年頃に誕生した、古くから使われている機械です。シミやそばかすに効果的で、顔全体のシミやそばかすを除去することができます。

パワーはピコレーザーよりも低いですが、シミ取りを1回で完了させたい方に向いているレーザー手法です。

画像引用:品川美容外科

Qスイッチルビーレーザーの施術後・ダウンタイム

ダウンダイムはQスイッチヤグレーザーと同じく1~2週間で、施術後の保護処置も同様です。

シミの悩みごとにレーザー治療法が異なる

人によってはシミが顔全体に広がっている場合や、小さく濃いシミの場合、除去したい対象がそばかすや肝斑の場合もあります。

それぞれのシミタイプによってレーザーの種類と施術方法は異なるため、自身でどこまでの範囲を何回でキレイにしたいのかを決める必要があります。

シミ取り治療の種類と向いている肌悩み

シミ取りレーザーは3種類のレーザーとそれぞれを組み合わせたコンビネーションの4つの施術が主流です。
シミの種類や解決したい悩みに合わせて選ぶことができます。

シミ取り治療の種類 治療方法 向いている肌悩み
トーニング ・弱い出力で黒ずみを消す
・広範囲の黒ずみに対応
・薄いシミが気になる
・シミの数が多い
・広範囲にシミがある
スポット ・強い出力で濃いシミやほくろを消すので即効性がある
・一部の黒ずみを除去する目的で使われることが多い
・刺青やアザを消したい
・範囲は狭いが濃いシミがある
フラクショナル ・肌の凹凸への効果が高い
・ダウンタイムが1日と短い
・肌質を改善したい
・ニキビ跡が気になる
コンビネーション ・トーニング、スポット、フラクショナルを組み合わせた施術
・部位ごとの悩みに合った治療が受けられる
・濃さや大きさの違う複数のシミを消したい
・シミ取りだけでなく肌質や肌の凹凸も改善したい
トーニング

スポットに比べて出力が弱く、肌への負担を抑えながらシミ取りができます。
広範囲の黒ずみに対応できるので、薄いシミが多い方におすすめです。

スポット

高い出力でほくろやアザなども除去でき、濃いシミに対応する方法です。目で見てハッキリと分かるシミや、化粧で隠せないシミの除去におすすめです。

フラクショナル

フラクショナルはシミ取りだけでなく肌の凹凸をなめらかにしたい・トーンアップしたい方におすすめです。シミを薄くするよりも肌質改善への治療法なので、スポットやトーニングと組み合わせて行われることが多いです。

コンビネーション

上記の施術を組み合わせた施術方法は、コンビネーションと呼ばれます。濃いシミを除去しながら肌質改善したい場合など、複数の悩みに対しても効率よく施術できます。

クリニック別シミ取りレーザーの料金一覧

代表的なシミ取りレーザーの機器と、治療方法ごとの各クリニックごとの料金は以下です。

各クリニックのピコレーザー料金表
クリニック名 機械の種類 顔1回料金(税込)
スタンダードなシミ取り
品川美容外科
ピコレーザー 〔トーニング〕9,790円
Qスイッチヤグレーザー 〔トーニング〕5,190円
〔スポット1mm×1mm〕5,390円
月3,400円のシミ取り放題
エトワールレジーナ
ピコレーザー 〔トーニング〕8,580円
〔スポットシミ1個〕3,278円
〔シミ取り放題〕60,500円
全国に医院あり
TCB
ピコレーザー 〔トーニング〕9,800円~
〔シミ取り放題〕152,800円
10個までのシミ放題
湘南美容クリニック
ピコレーザー 〔トーニング〕8,750円
〔スポットシミ取り放題〕63,000円
Qスイッチレーザー 〔トーニング〕8,750円
〔スポット2mm以下〕2,680円
〔10個取り放題〕26,000円
ピンポイントの除去に
聖心美容クリニック
ピコレーザー 〔トーニング〕38,500円
〔スポット直径1mm〕5,500円
Qスイッチレーザー 〔スポット直径1㎜〕5,500円
術後のフォロー体制あり
東京美容外科
ピコレーザー 〔トーニング〕49,500円
〔老班除去1㎜〕3,300円

シミ取りレーザーのおすすめ!クリニックのシミ取り治療一覧

クリニックにどのようなシミ取り治療プランがあるのか、ピコレーザーを中心にシミ取りメニューをまとめました。

シミをどこまでの範囲まで除去したいのか、どのようなタイプのシミなのか、悩みに合わせてクリニックを選びましょう。

ピコレーザーを含む多数のシミ取りレーザー

品川美容外科
品川美容外科のポイント
  • IPLと高周波エネルギーを組み合わせたレーザー治療を実施
  • 複数のレーザーを採用しているため、さまざまなシミに対応可能
  • 年会費無料のBMC会員になると料金がお得になる特典もあり
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー ピコトーニング
頬:9,790円
全顔:16,500円
ピコフラクショナル
頬・鼻:16,500円
全顔:27,500円
Qスイッチヤグレーザー レーザートーニング
頬のみ:2,700円
顔全体:5,190円
光治療
IPLレーザー
フォトシルクプラス
顔全体:8,640円
※こめかみ除く
ハイパーフォトシルクプラス
顔全体:54,400円
※こめかみ除く
光治療
IPL+高周波エネルギー
オーロラ
顔全体:4,320円

品川美容外科は肝斑・シミ・くすみに対応するピコレーザー、濃いシミやそばかすの除去に向いたQスイッチヤグレーザーなど、多数のレーザー施術ができます。
またIPLと高周波エネルギーを同時照射できるレーザーにより、肌のハリや毛穴へのケアが可能です。
多数のレーザー機器を使い分けるため、薄いシミ・濃いシミ・肝斑などあらゆるシミの悩みに対応します。

さらにカウンセリング当日にそのまま施術を行えるうえ、全国に医院があるため、思い立った時にすぐシミ取りができるクリニックです。

営業時間 10:00~20:00
※品川本院の場合
医院数 品川美容・品川スキンクリニック
全国40院
オプション なし
麻酔代 ・表面麻酔(非会員):2,990円
・リラックス麻酔(非会員):2,990円
・ペンレスシート(非会員):2,990円
・局所麻酔:無料
・点滴による鎮静剤:無料

月々3,400円のシミ取り放題などメニュー多数!

エトワールレジーナクリニック
エトワールレジーナのポイント
  • ダウンタイムや痛みが少なく顔以外のシミも対応
  • 1回~1年まで選べるシミ取り放題プランあり
  • 追加料金がかからずコースが豊富
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー シミ取り放題
1回:60,500円
1年:151,800円
※月々3,400円
ピコトーニング
全顔:15,000円
デコルテ:22,500円
ピコスポット
シミ1個:3,278円
シミ5個:14,300円
ピコフラクショナル
全顔:40,000円
コンビネーション
全顔:44,000円
デコルテ:66,000円

エトワールレジーナクリニックは、ピコレーザーやピコスポットはもちろん、組み合わせたコンビネーションやシミ取り放題までプランの種類が豊富です。

月々3,400円~のシミ取り放題プランは、シミの大きさや個数に限らず、何度でも顔のシミ取りが可能
初回の無料カウンセリングでは、皮膚画像解析システム「VISIA」により、隠れジミを予測しながら治療プランを提案してくれます。

全国にはまだ表参道院、新宿院の2院のみの展開ですが、スキン系の施術のみを行うクリニックのため、混雑を避けながら通うことができます。

営業時間 月~金12:00 ~ 21:00
土日祝日11:00 ~ 20:00
医院数 2院
オプション ピコトーニングは無料の冷却パック付き
麻酔代

ピコレーザーを用いた複数のシミ取りメニュー

TCB東京中央美容外科
TCBのポイント
  • ピコレーザーを用いたシミ取りメニューが豊富
  • シミ取りの施術時間はおよそ20分
  • シミのできやすい頬周り、唇にできたシミにも対応
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー ピコレーザー
ライト:9,800円
スタンダード:23,200円
プレミア:46,400円
シミ取り10㎜以下:20,900円
ニップルトーニング
9,990円
ハイドロキノン処方付き
フラクショナル
19,800円
トーニング+フラクショナル
頬:24,800円
シミ取り放題
152,000円

TCB東京中央美容外科が行うピコレーザーを用いたシミ取りの施術は、シミやそばかす、肌のくすみの解消に対応しています。
シミの原因となるメラニン色素へレーザーを照射することで、メラニン色素を破壊します。

ピコレーザーは従来行っていたレーザー施術よりも照射間隔が短いため、熱エネルギーによる肌への負担が少ないのが特徴です。
炎症後の色素沈着も起こりにくく、シミだけではなく、タトゥーの除去にも対応しています。

営業時間 10:00~19:00
※TCB新宿三丁目院の場合
医院数 全国72院
オプション なし
麻酔代 ・鎮痛剤/局所麻酔:無料
・表面麻酔(エムラクリーム・ペンレステープ)/笑気麻酔:2,750円
・表面麻酔(リドカインクリーム):10,800円
・痛み止め点滴/静脈麻酔:50,400円
・腫れ止め点滴:55,000円

10個までのシミ取り放題プランあり!

湘南美容クリニック
湘南美容クリニックのポイント
  • シミの症状別にレーザーを選ぶことができる
  • 美容内服セットもあり、必要に応じてレーザー施術と併用することも可能
  • レーザーでは対応しにくいとされる肝斑の施術にも対応
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー ピコスポット シミ取り放題
シミ10個まで:26,000円
全顔取り放題:63,000円
ピコトーニング
顔:11,000円
ピコレーザーフラクショナル
顔:28,310円
光治療
IPLレーザー
12,800円
フォトRF
9,980円

湘南美容クリニックのピコスポット治療では顔のシミ10個まで、または個数制限なしのシミ取り放題プランがあります。
集中的にシミを施術したい方に向いているプランですが、このほかピコトーニング、ピコフラクショナルと、様々なシミの悩みに対応します。シミが薄くなるには数か月の時間がかかることや、治療経緯やリスクなども丁寧に説明してくれます。

営業時間 10:00~19:00
※新宿本院の場合
医院数 国内外117院
オプション なし
麻酔代 ・局所麻酔:無料
・笑気麻酔:1部位2,200円
・注入治療:1回3,300円
・ジュリエットレーザー:1部位10,450円
・麻酔クリーム:1部位3,300円
・麻酔テープ:1枚550円
・安心麻酔:1回31,900円

シミ取りレーザーの他に3種類の光治療あり

聖心美容クリニック
聖心美容クリニックのポイント
  • 複数のレーザー機器があり、肌質に合わせて治療法を選ぶことができる
  • カウンセリングは何度も無料で対応
  • 肝斑やニキビ跡など、複数の肌の悩みにもレーザー施術ができる
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー 直径1mm:5,500円
直径5mmまで:11,000円
直径10mmまで:16,500円
光治療
IPLレーザー
セレックV
医師施術
全顔:39,600円
看護師施術
全顔:30,800円
ライムライト
全顔:36,300円
スムースクール
全顔:25,300円

聖心美容クリニックは、ピコレーザーの他に3種類の光治療を提供しています。セレックVを用いた光治療は、医師による処置または看護師による処置を選択でき、選択によって料金が変わります。
また、納得した上で治療を受けられるよう、カウンセリングは何度でも行ってもらえます。

営業時間 10:00~19:00
※東京院の場合
医院数 全国10院
オプション なし
麻酔代 ・局所麻酔:無料
・静脈麻酔:33,000円
・麻酔クリーム(顔全体):4,400円
・顔+首:6,600円
・ブロック麻酔:11,000円

看護師の照射と医師の照射を選べる

東京美容外科
東京美容外科のポイント
  • レーザー治療のほかIPLレーザー治療も行っている
  • 安心保証制度があり、アフターケアの料金は施術料に含まれている
  • 従来のレーザー施術より短時間での照射が可能なピコレーザーを用いている
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー ピコトーニング
全顔:49,500円
ピコレーザー(老斑除去)
顔取り放題:330,000円
光治療
IPLレーザー
ルメッカ
顔全体:27,500円
医師施術
頬:44,000円
看護師施術
頬:30,800円

東京美容外科は、シミ取りだけではなく肌質改善にも取り組むクリニックです。
基本のピコトーニングや、ピコレーザーを用いた濃いシミへの対策も可能。
顔以外のデコルテ、手の甲、二の腕、首、背中など身体のシミにも取り放題プランがあります。

また、ルメッカというそばかすや赤ら顔の施術に向いているIPL治療が行なえます。医師または看護師の施術どちらかを選択でき、料金が異なるプランがあるのも特徴的です。

営業時間 10:00~19:00
※銀座院の場合
医院数 全国18院(美容整形外科)
オプション IPLレーザー(ルメッカ)/プレミアムセル:4,500円
麻酔代 ・局所麻酔:3,300円
・静脈麻酔:44,000円~88,000円
・笑気麻酔:5,500円
・麻酔クリーム:3,300円
・ペンレス:3,300円

肌負担を減らしながらシミ取り治療を受けられる!

シロノクリニック
シロノクリニックのポイント
  • 照射漏れや重ね射ちが少ない
  • 照射時間の異なるモードを切り替えて肌負担を減らしてくれる
  • シミの大きさで料金が設定されていてわかりやすい
レーザーの種類 1回~料金
Qスイッチルビーレーザー 直径5mm以内:5,500円
1cm×1cm:3,300円
肝斑
顔全体:66,000円
頬+鼻:44,000円
そばかす
直径3mm以内:3,300円

シロノクリニックで扱っているQスイッチルビーレーザーは、短い時間で強力なエネルギーをシミに当てるQスイッチモードと真皮にダメージを与えないノーマルパルスモードを選ぶことができます。

シミの種類に合わせてパワーを調節することで、余計な肌負担を抑えたシミ取り治療を可能にしています。また、照射口は多角形になっており、円形に比べて照射漏れや重ね射ちの心配が少ないのも特徴です。

料金はシミの種類や大きさごとに決まっているので、シミ取り治療の知識が少ない方でも費用を明確にしやすいです。

営業時間 月曜日~土曜日:9:00~19:00
日曜日:9:00~18:00
医院数 5院
オプション なし
麻酔代 1,100円~

料金プランが豊富!

ガーデンクリニック
ガーデンクリニックのポイント
  • 部位ごとに選べるシミ取り放題プランあり
  • 5種類のレーザーとピコレーザーを組み合わせて治療を行う
  • モニター価格や初回価格でお得に受けられる
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー
ピコレーザートーニング
全顔:11,000円
全顔6回:224,400円
ピコフラクショナル
全顔:38,500円
全顔5回:137,500円
ピコレーザー
1mm:3,300円
シミ取り放題
顔:330,000円
ヤグレーザー 33,000円

ガーデンクリニックのピコレーザーによるシミ取り治療では、顔や首などの部位ごとにシミ取り放題プランを選ぶことができます。1mmから料金プランを選択することもでき、自分のシミに合ったプランが見つかりやすいです。

ピコレーザーのほか、ヤグレーザーやアレキサンドライトレーザーなど5種類の機械を使いわけてシミにアプローチしてくれます。治療方法はカウンセリングでドクターが丁寧に肌の状態を診て決めてくれます。

モニターで安くなったり初回割引があったりとお得に受けられる料金プランになっており、気軽にシミ取りレーザーをやってみたい方に向いています。

営業時間 10:00~19:00
医院数 8院
オプション 飲む日焼け止め30粒:7,150円
麻酔代 有料

一人ひとりに合わせた効率的な施術!

共立美容外科
共立美容外科の特徴
  • ホームケアを含めて治療メニューを組み合わせてくれる
  • シミの種類に合わせて3種類のレーザー機器を使いわけて施術
  • レーザーの光を細かく調節してさまざまなシミに対応
レーザーの種類 1回~料金
ピコレーザー
ピコドリーム
点状のシミ
2㎜以下:3,300
6㎜以下:7,370
ピコドリームトーニング
顔全体:20,900円
顔全体6回:110,000円

シミの種類や大きさはさまざまなので1人1人に適した治療法を提案することが大切ですが、共立美容外科は施術メニューが多く、カウンセリング時に内服薬や化粧水の処方も視野に入れて治療法を考えてくれます。

そのため、施術の種類が多くてどれを選んだらいいかわからない方におすすめのクリニックです。

また、レーザー機器が3種類あるのも特徴で、それぞれの効果が最大限に発揮されるように使いわけて施術をしてくれます。照射範囲は10段階で調節できたり3~8mmの間を自由に調整できたりするので、狙ったところにしっかりとレーザーを当てることができます。

営業時間 10:00~19:00
医院数 32院
オプション イオン導入:3,300~5,500円
麻酔代 麻酔クリーム:5,500円

ホームケア指導や再診などアフターフォローが充実!

銀座よしえクリニック
銀座よしえクリニックのポイント
  • モニター募集や院限定のシミ取り放題あり
  • 施術後のホームケア指導をしてくれる
  • あざの一種であるADMの治療も行う
レーザーの種類 1~料金
ピコレーザー
スポット
1個:12,100円
5個以上:60,500円
ピコスポット
1個:12,100円
1mmごとに+1,210円
ピコトーニング
頬+イオン導入:14,300円
全顔+イオン導入:35,200
ピコフラクショナル
頬+成長因子マスク:14,300円
半顔+成長因子マスク:18,920円
全顔+成長因子マスク:22,000円
ヤグレーザー
シミ取りレーザー
33,000円
ADM治療
1個:11,000円
5個以上:55,000円
レーザートーニング
頬+イオン導入:11,000円
全顔+イオン導入:16,500円

銀座よしえクリニックでは積極的にモニター募集を行っているほか、表参道院と新宿院限定20名にシミ取り放題のプランを提供しており、お得に治療を受けたい方におすすめです。

通常のシミだけでなく、治療が難しいとされるADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の治療も可能。
カウンセリングでシミの種類をしっかりと見極めて治療法を提案してくれます。

再診やアフターケアを重要視しており、施術後はホームケア指導を行ったあと必ず再診を行っているのも魅力です。アフターケアではレチノインやハイドロキノンといったシミの予防や改善が期待できる薬を処方してくれます。

営業時間 10:00~19:00
※銀座院の場合
医院数 全国18院(美容整形外科)
オプション レチノイン・ハイドロキノンなどの塗り薬代:別途必要
麻酔代 クリーム麻酔:2,200円

シミ取り治療の種類とは?シミの種類に合わせて選ぼう

シミ取り治療の種類は、主に次の4つがあります。

  • レーザー治療
  • 光治療
  • 内服薬
  • ピーリング治療

それぞれ効果が期待できるシミの種類が違うので、自分のシミに合った治療方法を選ぶ必要があります。

シミは原因によって種類が異なり、紫外線や加齢、ホルモンバランスの変化、アトピーなどの肌トラブルによっても引き起こされます。代表的なシミの種類は以下のとおりです。

老人性色素斑

別名、日光性色素斑とも呼ばれている、加齢や紫外線によってできるシミです。茶色っぽい色をしており、シミと健康な肌の境界がはっきりしているのが特徴です。

そばかす

そばかすは顔に小さな斑点が広がるものであり、雀卵斑(じゃくらんはん)とも呼ばれます。遺伝的な要因で発生することが多いシミです。

肝斑

左右対称にできる薄茶色のシミであり、主に両頬にできます。女性ホルモンの乱れにより発症することが多く、30代後半~50歳位の女性にできやすいです。

炎症後色素沈着

日焼けによる色素沈着の他、傷やニキビ、やけどの跡が色素沈着を起こすことでできるシミです。老人性色素斑とは違い、シミと健康な肌の境界が不明瞭で色味にもムラがあります。

シミ取り治療の種類別の特徴とそれぞれ効果のあるシミの種類は以下のとおりです。

シミ取り治療の種類
治療法 レーザー治療 光治療 内服薬 ピーリング治療
効果のあるシミ 老人性色素斑
そばかす
炎症後色素
沈着
老人性
色素斑
そばかす
炎症後
色素沈着
肝斑 老人性色素斑
肝斑
料金相場 5,000円~
60,000円ほど
20,000円~
30,000円ほど
年間10,000円~
20,000円ほど
3,000円~
10,000円ほど
ダウンタイム 術後約1週間は、保護テープを貼る必要がある まれに赤みやかゆみが出る なし 施術直後はぴりぴりとした刺激感あり、多くは3日ほどで治まる
通う回数 1回 約4週間の
間隔で5回
以上
2週間~4週間の間隔を
空けて5回
以上
通う期間 通う必要は
ないが、健康的な肌になるには半年~
1年ほど
かかる
約半年 半年~1年
ほど
おすすめな人 ・顔に目立つシミがある方
・施術するシミの個数が限定されている方
・顔全体のくすみが気になる方
・ダウンタイムを短くしたい方
・肝斑にお悩みの方
・内側から皮膚のトラブルを解消したい方
・ニキビ跡やくすみにお悩みの方
・肌の新陳代謝を改善したい方
レーザー治療

レーザーの熱をシミが気になる箇所に集中的に照射する施術です。メリットは、濃くて目立つシミにも対応している点です。

デメリットは、施術後に保護テープを貼る必要があり、メイクができないなどの制限があることです。

光治療

光治療はIPLという特殊な波長の光を肌全体に照射する施術です。光エネルギーがメラニン色素に作用して肌のシミやくすみを改善する効果があります。

ダウンタイムがほぼなく、術後すぐにメイクができるといったメリットがある一方、濃いシミには効果を発揮にしくいのがデメリットです。

内服薬

肝斑の治療などに対応した治療法が内服薬です。配合された成分が、メラニンの生成を制御することで、シミやそばかすを薄くする効果があります。

メリットとしては、直接肌に何かを施すことはないため、色素沈着を起こすといったリスクが少ない点が挙げられます。一方、個人差はありますが、変化を感じるまでに半年以上の期間がかかることがデメリットです。

ピーリング

サリチル酸やグリコール酸などの成分が含まれた薬剤を肌に塗り、古い角質を取り除く施術です。肌の新陳代謝を促進し、肌の環境を整えます。

メリットは、ニキビ跡やくすみを改善する他、肌全体の調子を整えられることです。

デメリットは、1回の施術で大きな変化は期待できないため、定期的かつ継続的に施術を受ける必要があることです。また、肌がデリケートな方の場合、施術後にピリピリすることがあります。

シミ取りレーザーは何回必要?シミがキレイになる回数と通う頻度

シミがレーザーでキレイになる回数

シミ取りレーザーの効果は個人差が大きく、シミの種類や個数によっても施術回数や通う頻度は異なります。一般的な事例として、シミが薄くなってきたと実感しやすい回数や通う期間は、以下のとおりです。

施術の種類 回数 通うペース 通う期間
トーニング 10回 最短1週間に1回 3ヶ月
スポット 1~3回 最短1ヶ月半に1回 0~5ヶ月
フラクショナル 10回 最短1ヶ月に1回 10ヶ月
トーニング ⇒ 肌に負担をかけず3ヶ月の短期で集中治療

トーニングは効果を実感できるまで10回程度かかる可能性がありますが、1週間に1回の間隔で施術を受けられるのでほかのやり方に比べて早く効果を感じやすいです。

スポット ⇒ 1日~3日の来院でシミを除去する

スポットはシミやそばかす、あざなどのメラニン色素を重点的に除去するシミ取りレーザーです。施術後10日間は患部を保護する必要があり、肌への負担はありますが、1~3回で完了となります。

フラクショナル ⇒ 約1年間の長期で肌悩みを改善する

フラクショナルは1ヶ月ごと、複数回の治療を受ける必要があるため、最も時間がかかりやすい施術です。
ただし、期間や回数は肌の状態によって違うので目安として考えておきましょう。

クリニックで行うシミ取りレーザー施術の流れ

シミ取り施術における、申し込みから施術の大まかな流れは以下のとおりです。

  • STEP.01
    シミ取り施術のカウンセリング予約

    医師とのカウンセリングを行い、施術を受ける部位をチェックします。
    具体的な施術内容が決まっていなくても、来院後に医師と相談しながら決めることが可能です。

  • STEP.02
    カウンセリングでシミ取りの治療プランを決める

    医師とのカウンセリングを行い、患部の状態をチェックします。
    シミの種類や肌質を診断して、ていねいに治療方法を決めていきます。シミ取りレーザーの種類は豊富にあり、シミを取る以外の効果も期待できるので希望の仕上がりを伝えて適切な治療法を決めてもらいましょう。

    その後施術の申込みと料金を支払い、施術日を決めます。
    カウンセリング当日に施術を受けられるクリニックであれば、再来院の必要がありません。

  • STEP.03
    シミ取りレーザーの施術を受ける

    顔のシミ取りを行う場合はメイクを落として洗顔を行います。メイク落としや洗顔料はクリニックで用意されていることがほとんどです。

    肌が清潔な状態になったら必要に応じて麻酔クリームを塗布します。目をレーザーの光から守るためにゴーグルなどをして施術準備完了です。
    ベッドに仰向けになった状態でシミにレーザーを当てていきます。施術は5~15分程度で終了します。

  • STEP.04
    施術後

    施術後は照射部位に保湿や痛み止め用のクリームが塗布されます。クリームや軟膏を塗ったあとは肌色のテープを貼って帰宅です。
    照射した部分以外はメイク可能ですが、テープは?がさないように気を付けましょう。
    治療を受けた部分に触れなければ施術当日から入浴や洗顔ができます。
    また、肌の状態によって塗り薬や内服薬を処方してもらえることもあるので、もらった場合は用法用量を守って使用しましょう。

  • STEP.05
    ダウンタイム・検診

    ピコレーザーは火傷やアザのような状態になることが少なく、かさぶたにもなりにくいのでダウンタイムがほとんどありません。
    一方、Qスイッチヤグレーザーなどは肌が新しく再生されるまで1~2週間程度かかります。患部がかさぶたになり、一時的にに火傷のような状態からピンクの皮膚になります。
    新しい皮膚になってからも肌はデリケートな状態なので、紫外線や摩擦に注意して過ごすことが大切です。

シミ取り施術後の過ごし方

クリニックによっては施術から2週間~1ヶ月後に検診が必要な場合もあります。検診では照射部位の状態や経過を診て必要な処置を行います。
施術によって強い色素沈着が起こっている際は塗り薬や飲み薬を処方し、5ヶ月以上治らないときはシミ取りレーザーの照射を再び行うことがあります。

シミ取りレーザーの施術の疑問を解消【Q&A】

シミのレーザー治療に痛みはある?

痛みの感じ方には個人差があります。ただ、我慢できないほど痛い、というケースはまれです。 状況によっては痛みを和らげる麻酔クリームなどを塗る処置も可能です。

レーザー照射後、シミが悪化することはある?

一時的にシミが悪化することはあります。レーザーを照射すると炎症後色素沈着を起こし、一時的にメラニン色素が増殖して、シミが濃くなったように見えます。ただし、多くの場合半年ほど経過すると目立ちにくくなります。

シミ取りで、保険が適用されることはある?

美容目的で行うシミ取りの場合、保険が適用されることはありません。 ただ、太田母斑(おおたぼはん)など生まれつきのアザの治療や、ケガが原因でできた外傷性色素沈着などは、保険が適用されるケースもあります。

シミ取りレーザーのおすすめは?シミ取りするクリニックの選び方

シミ取りを行う美容クリニックを選ぶ際には、次の3つのポイントを押さえましょう。

  • 丁寧なカウンセリングが行われているか
  • 複数のシミ取り治療プランがあるか
  • アフターサービスは充実しているか

シミの原因や大きさは、人それぞれに違いがあります。シミ取りは症状を見極めて適した治療法を選択する必要があるので、丁寧なカウンセリングが必要です。

自分の肌質や症例に合わせた治療が望ましいので、複数のプランがあるクリニックを選びましょう。

シミ取り治療は一日でも早く!

シミ取りレーザーは、治療内容によっては施術後に赤み・痒み・色素沈着といった一時的な副作用があります。
しかし、化粧品で一度できてしまったシミを除去することはできません。
できる限り早めの段階で治療を行うことで、費用を抑えつつ、これからできるシミ予備軍を予防することもできます。

一日でも早く、メイクでシミを隠す必要のない肌の実現をおすすめします。

地域ごとのおすすめシミ取りレーザークリニック

※当記事の表示価格はすべて税込です。
※施術は公的医療保険が適用されない自由診療です。

SEARCH
キーワードで検索
PICK UP
おすすめ美容医療特集
  • 医療脱毛 医療脱毛 医療脱毛
    メンズ脱毛 メンズ脱毛 メンズ脱毛
    脱毛サロン 脱毛サロン 脱毛サロン
    AGA AGA AGA治療
    ED治療 ED治療 ED治療
    美容医療 美容医療 美容医療
    ピル ピル ピル
    女性の薄毛治療 女性の薄毛治療 女性の薄毛治療
    セルフ美容 セルフ美容 セルフ美容
  • RANKING
    人気記事ランキング
    もっと見る