AGA治療の副作用は?うつ・肝機能障害が起こる確率や薄毛治療デメリットを解説

3,443views
AGA治療の副作用は?うつ・肝機能障害が起こる確率や薄毛治療デメリットを解説

AGA治療の副作用にはうつ・肝機能障害・体毛増加などの症状が報告されていますが、この記事ではこれらの症状はどれぐらいの確率で起きるのか、そしてAGA治療では他にどのような副作用があるのか解説していきます。

AGA治療薬として使われるフィナステリド・デュタステリド・ミノキシジル等の成分で報告されている副作用や注意点、そして注入治療や植毛等の機器を使った施術のリスクや女性が治療薬を服用した時に現れる副作用について紹介し、AGA治療を始める事によるデメリットやAGA治療をやめるとどうなるのかといった疑問についてもまとめています。

AGA治療の副作用:うつ・肝機能障害・体毛増加が起こる確率

まずは、AGAの治療で使われる治療薬で副作用が現れる可能性と主な副作用について解説していきます。

AGA治療で副作用が起こる確率は?

AGA治療に使われる薬では様々な副作用が起こる可能性がありますが、前提として市販されている風邪薬などの一般的な医薬品でも副作用が起こる可能性はあり、副作用が絶対に起こらない薬はありません。

それを踏まえたうえで説明していくと、AGA治療薬を服用する方の体質や副作用の症状によって確率も変わりますが、実際にAGA治療薬で副作用が起こる方は全体で1%~5%程度だと言われています。

この確率を見るとAGA治療薬による副作用の可能性は「低い」と感じる方もいると思いますが、あくまでも確率なので副作用が生じないというわけではありません。

AGA治療薬を使用または服用する際は副作用が起きる可能性があるということを頭に入れておきましょう。

精神面(うつ)に関する副作用

AGA治療の副作用では原因の分からない不安に襲われたり、気分が沈むなど「仰うつ状態」になる副作用が報告されています。

明確に原因が解明されているわけではなく、発症する確率も明記されているわけではありませんが、AGA治療に使われる薬の中には男性ホルモンの生成に作用する物があり、ホルモンバランスが乱れてしまう事で発症するとされています。

男性機能が低下する副作用

男性ホルモンを抑制するAGA内服薬を服用すると「性欲減少(リビドー減少)」「勃起不全」「射精障害」「精液量減少」等の副作用が現れる場合があります。

これらの副作用が起きる確率は、性欲減退が約1~5%未満、勃起不全・射精障害・精液量減少が約1%未満と言われています。

AGA治療の副作用で不妊症が気になるという方もいますが、実際にはこのような男性機能が低下する副作用が原因で性交渉の頻度が低下したり、精液が減少してしまう事でなかなか妊娠まで至らくなる可能性は考えられます。

肝機能に関する副作用

AGA内服薬を服用することで代謝を行う肝臓に負担がかかり、身体がだるいなどの「倦怠感」や「食欲不振」などの症状が現れる場合があります。

倦怠感などの症状に気付かずAGA内服薬の服用を続けていると肝臓に更に負担がかかり、約0.2%ほどの確率で「肝機能障害」の副作用が現れることがあります。

ですが肝機能障害はAGA治療薬に限らずほとんどの内服薬に起こる可能性がある症状で、肝臓の機能が低下している方、肝臓に持病がある方などに現れやすいです。

体毛が増加する副作用

AGA治療薬の中には発毛作用を持つ薬があり、毛髪だけでなく全身の毛根にも作用して全身の毛が伸びたり濃くなる「多毛症」と呼ばれる副作用が現れることがあります。

体毛が濃くなるだけで頭髪は薄いままになる状況は無いと考えられているため、多毛症はAGA治療薬の効果が現れているという証でもあります。

血圧の変動に関する副作用

AGA治療の内服薬には血圧に作用する薬があり、服用後に血圧が下がる事で「立ちくらみ」や「めまい」等の副作用が現れる場合があります。

また、血流が良くなり過ぎて心臓が過剰に血液を供給し、「動悸」や「息切れ」などの症状が出る場合があります。

頭皮環境が荒れる副作用

AGA治療の外用薬を塗布した部位に「かゆみ」や「かぶれ」等の副作用が出る場合があります。爪を立てて掻いてしまったり、かぶれが酷くなると頭皮環境が乱れてしまい抜け毛が増える可能性があります。

外用薬に含まれる成分の濃度によって副作用を発症する確率は変動します。

一時的に抜け毛が増える副作用(初期脱毛)

AGA治療薬の中には服用後に一時的に抜け毛の量が増えてしまう「初期脱毛」と呼ばれる副作用が現れてしまう可能性があります。

これはAGAによって乱れてしまっていた髪の毛の成長サイクルが正しく戻ろうとする時に起こる症状で、AGA治療開始前に生えていた弱々しい髪の毛が新しい髪の毛に生まれ変わるために一時的に抜け毛が増えてしまいます。

初期脱毛はAGA治療を始めてから2週間~1カ月後から現れる事があり、約3ヶ月程続くとされています。

AGA治療によって起こる可能性がある主な副作用は以上の通りですが、AGA治療薬はいくつか種類があり、治療薬により起こる可能性がある副作用が異なります。

次は、クリニックなどでAGA治療に使用されることが多いフィナステリド(プロペシア)、デュタステリド(ザガーロ)、ミノキシジル等の成分で起こる可能性がある副作用について紹介します。

AGA治療薬の副作用:フィナステリド(プロペシア)の症状

AGA治療薬には抜け毛を防ぐための成分としてフィナステリドと呼ばれる成分が配合された薬があります。

フィナステリドは本来前立腺肥大症の治療薬として開発されていましたが、AGAが進行する原因の一つであるDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させる5αリダクターゼを阻害する作用があり、薄毛の進行を抑制する効果に期待ができるため、AGA治療薬として使われるようになりました。

5αリダクターゼには全身の皮脂腺に存在するⅠ型と頭皮の前頭部と頭頂部に多く存在するⅡ型がありますが、フィナステリドはⅡ型の5αリダクターゼを阻害する効果に期待ができます。

AGAクリニックではフィナステリド配合の先発薬「プロペシア」とジェネリック医薬品の「フィナステリド錠」が処方されていますが、主な副作用として以下のような症状が起こる可能性があります。

フィナステリド(プロペシア)で起こる可能性がある主な副作用
重大な副作用
  • 肝機能障害
その他副作用
  • 性欲減少(リビドー減少)
  • 勃起不全
  • 射精障害
  • 精液減少
  • 倦怠感・食欲不振
  • 仰うつ状態
  • 乳房圧痛・肥大 など

フィナステリドの効果によって生成を阻害されるDHTは、本来男性が男性らしく成長することを促すホルモンなので、DHTの量が減る事によって男性器や精神面に関する副作用が現れる可能性があります。

フィナステリドが含有されたプロペシア錠の添付文書ではリビドー減少が起きる可能性は1~5%未満、勃起不全・射精障害・精液減少が起きる可能性は1%未満、その他副作用の発症率は頻度不明と明記されています。

参考:5α-還元酵素Ⅱ型阻害薬 ◎男性型脱毛症用薬◎ フィナステリド錠

フィナステリドの禁忌
  • フィナステリドに対して過敏症の既往歴のある方
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある女性
  • 授乳中の女性

男性ホルモンに関わる効果があるため、胎児や新生児の成長に影響を与える可能性のある女性はフィナステリドの服用が禁忌とされています。

また、20歳未満の方が服用した時の安全性や有効性は確立していないため注意が必要です。

フィナステリドの成分は経皮吸収されるため、コーティングが剥がれていたり破損している場合は触れないようにしましょう。

ポストフィナステリドシンドローム(PFS)が発生する可能性あり

フィナステリド(プロペシア)を服用して副作用が出た後に、服用を中止しても副作用が継続する「ポストフィナステリドシンドローム(PFS)」と呼ばれる症状が発生する可能性があります。
フィナステリドによるAGA治療で副作用が出てしまったらPFSも必ず発症してしまうというわけではなく、PFSの明確な原因が解明されているわけではありませんが、元からメンタルヘルス障害や抑うつ症状を抱えている方はPFSのリスクが高くなる可能性があるとも言われています。

AGA治療薬の副作用:デュタステリド(ザガーロ)の症状

AGA治療薬にはデュタステリドと呼ばれる成分が含まれた治療薬があります。

前述したフィナステリドと名前が似ており、AGAの原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)を発生させる5αリダクターゼの働きを阻害して抜け毛を防ぐという効果も似ていますが、デュタステリドはⅠ型とⅡ型両方の5αリダクターゼを阻害する効果に期待ができます。

デュタステリド配合のAGA治療薬として先発薬の「ザガーロ」ジェネリック医薬品「デュタステリド錠」が多くのクリニックで処方されておりますが、主な副作用として以下のような症状が起こる可能性があります。

重大な副作用
  • 肝機能障害、黄疸
その他副作用
  • 性欲減少(リビドー減少)・勃起不全・射精障害
  • 発疹
  • 頭痛・抑うつ気分
  • 乳房障害
  • 腹部不快感
  • 蕁麻疹・アレルギー反応
  • 浮動性目まい、味覚異常
  • 精巣痛
  • 脱毛症、多毛症
  • 腹痛・下痢
  • 倦怠感・血中CK増加 など

デュタステリドはフィナステリドと作用機序が似ている事から、発生する副作用も精神面に関する症状や男性機能に関する症状と似た副作用が報告されています。

ですが、デュタステリドは5αリダクターゼのⅠ型とⅡ型両方を阻害する効果がある事から、DHTの発生を抑える量が多いため副作用が発生するリスクも高くなる傾向にあります。

ジェネリック医薬品では副作用発現頻度が明確となる調査は実施されていませんが、先発医薬品のザガーロの添付文書では性欲減少・勃起不全・射精障害の確率が1%以上、発疹・頭痛・抑うつ・乳房障害・腹部不快感が1%未満、その他の副作用が頻度不明とされています。

参考:ザガーロカプセル0.1mg
参考:デュタステリド錠0.5mgAV「DSEP」

デュタステリドの禁忌
  • デュタステリドに対し過敏症の既往歴のある方
  • 女性
  • 小児
  • 重度の肝機能障害のある方

デュタステリドはホルモンに与える効果が強いため、女性や小児がAGA治療で服用することを禁忌としています。

肝機能障害を患っている方も血中濃度が上昇するおそれがあるため禁忌とされています。

デュタステリドもフィナステリド同様に経皮吸収されますので扱いには充分に気を付けましょう。

また、デュタステリドは20歳未満の方が服用した時の安全性や有効性は確立されておらず、思春期の成長に悪影響を与える可能性が高いため、服用しないようにしましょう。

AGA治療薬の副作用:ミノキシジル内服薬・外用薬の症状

AGA治療にはミノキシジルと呼ばれる成分が使われることもあり、毛を作る毛乳頭細胞の働きを活性化させることで発毛を促す効果に期待ができる成分です。

本来は高血圧患者のための降圧剤として使われていた治療薬でしたが、服用していた患者に体毛が増える副作用が現れたためAGA治療薬として使われるようになりました。

ミノキシジル外用薬は濃度5%以内であれば国内で承認されており、市販の外用薬として大正製薬の「リアップ」アンファーの「メディカルミノキ」等も販売されていますが、ミノキシジルの内服薬は国内では臨床試験が行われていないため国内未承認薬になります。

そのため、日本皮膚科学会の「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」ではミノキシジル外用薬の推奨度はA(行うよう強く勧める)とされていますが、ミノキシジル内服薬の推奨度はD(行うべきではない)とされています。

参考:男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版

ミノキシジルで起こる可能性がある主な副作用
  • 肝頭皮の発疹・かゆみ・かぶれ・ふけ
  • 頭痛・めまい・立ちくらみ
  • 動悸・息切れ
  • むくみ
  • 肝機能障害
  • 多毛症
  • 初期脱毛

ミノキシジルは血行に作用する効果があるため、血圧の変動に関する副作用が報告されています。

外用薬の場合は頭皮に塗布するため塗布した部位の周辺に副作用が現れる事が多いのですが、内服薬は体内に摂取して血中から作用するため副作用が全身に及ぶ可能性があります。

ミノキシジルの併用禁忌
  • ED治療薬
  • イブプロフェン系の風邪薬
  • イミグラン系の偏頭痛治療薬
  • アルコール

ミノキシジルは上記の薬との併用が禁忌とされています。

また、以下に当てはまる方達はミノキシジルの服用が禁止されています。

  • 未成年
  • 高齢者
  • 妊娠・授乳中もしくはその予定がある方
  • 心臓・肺・血管などの循環器に疾患のある方
  • 血圧に疾患がある方
  • 腎臓や肝臓に異常がある方

ミノキシジルの内服薬は市販されていないため、入手する場合にはAGAの治療を行うクリニックで処方してもらうか、もしくは個人で輸入するという方法もありますが、個人で輸入して副作用が起きた場合には全て自己責任となります

また、個人輸入の場合は購入するミノキシジル内服薬の濃度も自分で判断する必要があり、自分の体質に合わない場合は副作用が起きる可能性も高まりますので、そういったリスクを減らしたい方はAGAクリニックで処方してもらう事をおすすめします。

参考:ミノキシジルローション5%「JG」

AGA治療の副作用:注入治療や自毛植毛のリスク

AGA治療では前述の内服薬や外用薬を使用した治療のほかにも、注入治療や植毛等の施術を行う事もあります。

それらのAGA治療で起きる可能性がある副作用や、施術を行う事によるリスクについて解説していきます。

注入治療の副作用・デメリット

AGA治療で行われている注入治療は、注射器やジェット噴射などを用いて頭皮に有効成分を浸透させます。

注入する成分は前述したフィナステリドやミノキシジル等のAGA治療薬に使われる成分、成長因子、そしてクリニック独自のオリジナルカクテルなど、施術を行うクリニックによって異なります。

注入治療の副作用やデメリット

    注入治療を行う際にフィナステリドやミノキシジルを使う場合は、前述したような副作用が起こる場合があります。
    その他には注入治療では以下のようなデメリットが伴う場合があります。


  • 注射針による痛みを伴う場合がある
  • 針を刺した場所に赤みや腫れが発生する場合がある
  • 投薬治療に比べて費用が高額になる場合が多い

全ての注入治療で針を使うわけでは無いので、上記のようなデメリットを必ず伴うというわけではありませんが、施術方法によっては痛みを伴うという事や費用が高額になる可能性があるという事は理解しておきましょう。

自毛植毛の副作用・デメリット

AGA治療では薄毛の気になる部位に自分の毛を移植する植毛施術を行う場合があります。

主にAGAの影響を受けづらい後頭部や側頭部から毛を採取する場合が多く、AGAの影響を受けづらいという特性を残したまま移植することができます。

自毛植毛の副作用やデメリット

    自毛植毛では施術後から約1~2ヶ月後に、移植した部位周辺の毛が一時的に抜け落ちる「ショックロス」と呼ばれる副作用が現れる可能性があります。

    その他には自毛植毛では以下のようなデメリットが伴う場合があります。

  • 術後に痛みや腫れ・赤みが現れる可能性がある
  • まぶたが腫れる可能性がある
  • 移植しても全ての毛が定着するとは限らない

メスやニードルなどの器具を用いて施術を行うため、施術後は患部の痛み・腫れ・赤みなどが出る事があります。

また、前頭部付近に毛を移植した場合は麻酔の影響によりまぶたが腫れてしまう場合がありますが、約2~3日程度で治まるとされています。

植毛で移植した毛の定着率はおよそ90%程度と言われており、中には移植しても定着せずに抜け落ちてしまう毛もあるという事は理解しておきましょう。

女性のAGA治療の副作用:危険な治療薬について

女性のAGA治療薬の副作用

女性のAGA治療(FAGA治療)に使われる治療薬には「ミノキシジル」「パントガール」「スピロノラクトン」があります。

これらの治療薬で起こる可能性がある副作用について解説していきます。

女性がミノキシジルを使用した時の副作用

ミノキシジルは体内の血流に影響を与える効果を持つため、ミノキシジル外用薬の場合は塗布した部位のかゆみ・かぶれ・頭痛、そして内服薬の場合はめまい・全身の多毛症・動悸・息切れ・肝機能障害などが起こる可能性があります。

また、AGA治療を開始して2週間~1ヶ月後頃から一時的に抜け毛が増える初期脱毛が現れる可能性があり、約3ヶ月程続きますが一時的なものなので長く続くようであればクリニックの医師等に相談してみると良いでしょう。

女性がパントガールを服用した時の副作用

パントガールはドイツの製薬会社で開発された治療薬で、髪の成長に必要な栄養素が含まれています。

パントガールには重篤な副作用は報告されていませんが、軽度の腹痛・下痢・めまい・頭痛・動悸・胸やけなどの軽度の副作用が起こる可能性があると言われています。

女性がスピロノラクトンを服用した時の副作用

スピロノラクトンは男性ホルモンを受け取る「レセプター」を阻害することで女性のAGA(FAGA)による抜け毛を防ぐ効果に期待ができる治療薬です。

副作用は以下のような症状が報告されています。

重篤な副作用
  • 電解質異常
  • 急性腎不全
  • 中毒性表皮壊死融解症
その他副作用
  • 血圧低下
  • 頻尿
  • のどの渇き
  • ふらつき
  • 乳房痛
  • 生理不順 など

また、スピロノラクトンの服用が禁忌とされている方の特徴として、無尿又は急性腎不全の患者、高カリウム血症の患者、アジソン病の患者、タクロリムス、エプレレノン、エサキセレノン又はミトタンを投与中の患者が挙げられます。

参考:スピロノラクトン錠25mg「トーワ」添付文書

女性が服用してはいけないAGA治療薬

男性のAGA治療で使用されているフィナステリドは授乳中もしくは妊娠中の女性、そしてデュタステリドは女性が服用する事自体が禁忌とされています。

フィナステリドやデュタステリドはホルモンの生成に効果を与えるため、妊娠中の女性が服用したり薬剤に直接触れて有効成分を吸収してしまうと、男子胎児の生殖器官に影響を及ぼす場合があります。

それだけでなく、ホルモンバランスが乱れて体調面や精神面に影響する副作用が起こる可能性が高いため、女性はフィナステリド・デュタステリドを服用しないようにしましょう。

また、服用してはいけないと定められているわけではありませんが、ミノキシジル外用薬はは女性の場合国内で承認されている濃度は1%までと定められており、それより濃い場合は副作用のリスクが高まるため覚えておきましょう。

AGA治療薬で副作用が出たときの対処法

まずは医師に相談

AGA治療薬を服用していて副作用が現れた場合は、まずは治療薬を処方してもらったクリニックの医師と相談することをおすすめします。

本当にAGA治療薬の副作用なのかどうか自分で判断するのは難しいという場合でも「副作用かもしれない」「なんとなく体調がおかしい」など、体調の変化を感じた時点で一旦AGA治療薬の使用や服用を中止して、まずはAGA治療薬の処方を行ったクリニックの医師に相談するようにしましょう。

クリニックで処方された国内承認薬のAGA治療薬を服用し、重篤な副作用が生じた場合には医薬品副作用被害救済制度が利用できます。

医薬品副作用被害救済制度とは、処方された医薬品を正しく使用していても、入院が起こるほどの重篤な副作用で健康被害が生じた場合に医療費や年金などが給付されるという制度です。

こういった制度はAGA治療薬を個人輸入で入手して副作用が出た場合には適用されないため、AGA治療はクリニックで受診してから始める事をおすすめします。

AGA治療法を変更する

AGA治療薬で副作用が生じた場合には、医師の判断のもとで「AGA治療薬の成分の含有量を下げる」「別のAGA治療薬に変更する」「AGA治療を中止する」ことで副作用が起こりにくくなる場合があります。

AGA治療薬に含まれる成分の含有量が多いと副作用が現れる可能性も上がるためAGA治療薬の成分の含有量を下げる事で対処ができる場合があります。

また、体質的に特定のAGA治療薬が身体に合わず副作用が出てしまう場合もありますので、その際には別のAGA治療薬に変更してみる事でAGA治療を継続できる事もあります。

副作用の症状により対処法も変わるので、自己判断で減薬や治療方法の変更を行うのではなく、医師とよく相談をして治療方針を決めるようにしましょう。

副作用や体調の変化を感じても自己判断でAGA治療薬を使用したり服用し続けると、副作用の症状が強く出てしまうこともあるので、必ず医師の指示に従うようにしてください。

編集部チェック

AGA治療薬で副作用が起こる可能性はゼロではないので、AGA治療を始める際には個人輸入をして入手するのではなく、副作用が現れた際の対処法やその後のAGA治療について相談ができるクリニックでAGA治療を開始することが副作用のリスクを抑える事に繋がります。

ただしAGA治療は、保険適用外の自由診療になるため全額自費で行うということを頭に入れておいてください。

AGA治療のデメリット:薄毛治療をやめるとどうなるか

AGA治療で起こり得る副作用について説明してきましたが、ここではAGA治療で副作用以外に考えられるデメリットについて説明していきます。

AGA治療のデメリット:続けるための費用がかかる

AGA治療は治療を始めたらすぐに効果が実感できるのではなく、約半年後~1年後頃から治療の効果が現れ始めるため、その分の治療費用がかかります。

AGA治療の効果を実感できたとしてもすぐにAGA治療をやめてしまうのではなく、治療プランの変更や減薬などを行い、負担を抑えながら続けてみると良いでしょう。

AGA治療のデメリット:献血ができなくなる場合がある

フィナステリドやデュタステリドの服用中には献血ができないので覚えておきましょう。

また、前立腺がん検査を受ける予定がある方もPSA値が通常よりも低くなってしまうため、医師にプロペシア(フィナステリド)を服用していることを事前に伝えておく必要があります。

AGA治療のデメリット:治療をやめると再び進行する

AGAは進行性の症状なので放置していても治る事はなく、AGA治療をやめると再び進行してしまいます。

とは言えAGA治療を一生続ける事は現実的では無いため、自分の中である程度AGA治療のゴールを定めておき、満足のいく状態にまで達したら医師と相談してやめる事を検討してみると良いでしょう。

AGA治療の副作用とデメリットまとめ

今回はAGA治療薬で起こる可能性がある副作用の症状、AGA治療薬で副作用が起こる確率や副作用が出たときの対処法について解説しました。

AGA治療薬には厚生労働省が承認している治療薬と、承認していない国内未承認薬があり、国内未承認薬で重篤な副作用を生じたとしても、医薬品副作用被害救済制度の救済対象にはならないので治療費などは全額自己負担になることを覚えておきましょう。

また、厚生労働省が承認しているAGA治療薬でも副作用が起こる可能性はゼロではないので、副作用のリスクを抑えたい方や副作用が起きた時に相談をしたい方はAGA治療薬の個人輸入はせずに、健康状態をサポートしてくれるAGAクリニックでAGA治療薬を処方してもらうようにしましょう。

どのクリニックでAGA治療を受ければいいのか分からない方は、クリニックの特徴や口コミ、AGA治療の費用や治療薬の効果などについて詳しく解説しているこちらの記事を参考にしてみてください。

PICK UP
おすすめ美容医療特集
  • 医療脱毛 医療脱毛 医療脱毛
    メンズ脱毛 メンズ脱毛 メンズ脱毛
    AGA AGA AGA治療
    ED治療 ED治療 ED治療
    美容医療 美容医療 美容医療
    ピル ピル ピル
    女性の薄毛治療 女性の薄毛治療 女性の薄毛治療
    セルフ美容 セルフ美容 セルフ美容
    いびき治療 いびき治療 いびき治療
    不眠症治療 不眠症治療 不眠症治療
  • RANKING
    人気記事ランキング
    もっと見る